Lの広場

レイクALSAの審査に通る人、落ちる人の違いとは
審査から返済まで!レイクALSAの基本スペックと活用法

これまで新生銀行カードローン レイクで知られていたカードローンですが、2018年4月から新たに新生フィナンシャルが母体の「レイクALSA(アルサ)」に生まれ変わりました。

レイクALSAに生まれ変わったことによって、何がどのように変わったのかが気になるところではないでしょうか?

「申し込みや審査はどうなったの?」「金利は高くなってしまったの?」「新生銀行カードローン レイクを利用していたけど、今後はどうなってしまうの?」という疑問を簡単にまとめてみました。

レイクALSAと新生銀行カードローン レイクの大きな違い

2011年まで消費者金融の「ほのぼのレイク」として知られてきましたが、金利の引き下げや過払い請求のあおりを受け、銀行系カードローンの新生銀行カードローン レイクに変貌をとげました。

そういった経緯の中で銀行系カードローンとなったものが、再び消費者金融系カードローンへと生まれ変わりました。

銀行系カードローンと消費者金融系カードローンでは大きな違いがあります。

即日審査・即日融資が可能となった

銀行系カードローンでは、2018年1月より即日審査・即日融資ができなくなりました。

スピーディーな借り入れが「売り」だったカードローンですが、その早さが裏目に出てしまい、融資が反社会勢力へまで広がってしまいました。そのため、審査が厳格化し、即日の融資が難しくなってしまったというわけです。

しかし、消費者金融系カードローンにはそのような規制からは外れています。

したがって以前の新生銀行カードローン レイクでは不可であった即日審査・即日融資がレイクALSAでは可能となったのです。

ただし、即日融資を希望する場合は、平日の14時までに申し込みと本人確認書類の確認の完了が必要となりますので、注意が必要です。

レイクALSAは総量規制の対象となる

総量規制とは、返済能力を超えた借り入れによる、消費者と消費者金融会社の共倒れを防ぐために取り入れられた仕組みです。

利用者の借り入れ限度額は、原則として利用者の年収の1/3までとされます。

簡単にいうと、年収300万円の人は100万円を超える借り入れはできないということになります。

このような総量規制ですが、銀行は対象外となります。先程の例の場合でも100万円以上の融資が可能というわけです。

つまり、レイクALSAは消費者金融系のカードローンになったことによって、総量規制の対象ともなってしまったということになります。

まず、レイクALSAの基本的な商品概要を知っておこう!

レイクALSAの簡単な概要は以下となります。基本的な部分では以前の新生銀行カードローン レイクと変更はありません。

  • 申し込み:Web(モバイル含む)・電話・自動契約機
  • 利用限度額:最大500万円まで
  • 借入利率:4.5%~18.0%(年間)

レイクALSAの先進技術!AIを使った審査が導入される予定

従来の金融会社のローン審査では、申し込み者の氏名や生年月日をはじめ、年収・就業年数・キャッシングやカードローンの利用実績などから総合的に合否を判断しています。

申し込み者の情報は、信用情報機関による「信用情報」というもので共有されます。したがって、悪質な滞納や自己破産、債務整理などを起こした場合も、しっかりと共有されることを頭に入れておいてください。

レイクALSAでは人工知能(AI)によってスコアリングされ、審査を行う仕組みが導入される見込みです。詳細は分かっていませんが、若者向けに改良された「カードレス契約」というサービスが現在提供されています。

カードレスキャッシングとは、ローンカードを発行せずにキャッシングが行えるといったサービスです。

  • カードの紛失のリスクから、カードを持ち歩きたくない人
  • 家族などにローンカードの存在を知られたくない人

このような人には大変心強いサービスではないでしょうか。

レイクALSAなら2つの無利息期間サービス

消費者金融会社では、無利息期間のサービスがメジャーとなってきました。レイクALSAでも、同じように無利息期間サービスがありますが、2つのサービスから選択できるという特徴があります。

①借入額5万円まで、180日間の利息0円

対象:契約が初めての方 無利息開始日:契約日の翌日から 無利息中の返済日:あり 契約額:1万円~200万円まで 5万円超分または無利息期間終了後の利率(年):12.0%~18.0%

②借入額全額が30日間の利息0円

対象:契約が初めての方 無利息開始日:契約日の翌日から 無利息中の返済日:あり 契約額:1万円~500万円まで 無利息期間終了後の利率(年):4.5%~18.0%

急な出費などの一時的な借入であれば、とても使い勝手のいいサービスではないでしょうか。

ただし、2つのサービスの併用はできませんので、注意が必要です。

レイクALSAの便利さはこんなところにもある

レイクALSAでも提携先のコンビニATMや提携先レイクのATMからの返済が可能です。身近で店舗数の多いセブン銀行などから返済が可能なのは、利用者にとってメリットであるといえます。

さらに、いつでも何回でも利用手数料が無料という点も大手消費者金融ならではの便利なサービスです。

ただし、ATMによっては時間帯で手数料が掛かるところもありますし、一括返済に対応していないATMもあるので、返済時には事前に調べておく必要があります。

全てのATMが手数料無料ではありません。

新生銀行カードローン レイクを利用していた人も申し込み可能

新生銀行カードローン レイクを利用していた人は、今後のサービスが受けられないのか?という疑問はあるかと思います。

レイクALSAに自然に移行することはありませんが、そのまま新生銀行カードローン レイクを利用することはできますし、追加融資も可能です。

ですが、新規で新生銀行カードローン レイクに申し込むことは不可となります。

新たにレイクALSAに申し込みをすることは可能ですが、再度審査がありますので、注意してください。

先程も述べたように、新生銀行カードローン レイクを利用していたからという理由で審査が甘くなるようなことは決してありません。

もし、レイクALSAに新規で申し込みたい場合は、今現在の借入をしっかりと整理してから申し込むことが大切です。

レイクALSAなら審査が通りやすい!ということは絶対にない

ネットで検索をすれば、様々な情報が出てきます。レイクALSAは他のサービスよりも審査が甘いというような情報があるかもしれません。

しかしながら、レイクALSAが他のサービスよりも、審査が甘くなるということはあり得ません。

新生銀行カードローンレイクとも商品概要は今のところほぼ変わらないということで、消費者金融系に変わったからという理由で、新生銀行カードローン レイクよりも審査が甘いということもありませんので、甘い考えでの申し込みはしないようにしてください。

審査に通るためにやっておくべきこと

審査に落ちてしまう原因は何なのでしょうか。少しでも審査に通過できるために、出来る限りの準備をしましょう。

申告にウソは絶対にNG

審査に通らねば!という気持ちはあると思いますが、だからといって年収などを偽ってはいけません。バレた時には信用問題となりますし、最悪の場合は契約も解除されます。

他社からの借入が多い

他社から借り入れがあるだけで審査に落ちてしまうかというと、必ずしもそうではありません。しかし、レイクALSAは総量規制の対象です。

多額の借り入れを行っている場合は審査に通りません。年収の1/3に満たない借入であっても、しっかりと返済してから利用するのが賢明です。

滞納は信用情報によって共有される

数ヶ月にわたる悪質な滞納は、信用情報にしっかりと記録されます。携帯電話やスマホの利用料やネットショッピングの分割払いなど、うっかり引き落とし日を忘れてしまいそうなものに関しては注意が必要です。

ローンで支払ったことがない人も審査に影響が出る

今まで現金でしか支払ったことがない人も、実は審査に通らない可能性があります。

なぜなら信用情報がないからです。信用情報がなければ、この人が信用に値する人物かどうかまではわかりません。

このような人は、スマホ本体の料金を分割払いするなどの行動が必要になってきます。身の丈に合う金額でのローンを組んで、信用情報に情報を記録されましょう。

申し込み者の人柄までも審査対象

審査で一番大切なことは「この人にお金を貸しても返って来るか」と思ってもらうことです。そこを基準に考えれば、おのずとやることは見えてくるのではないでしょうか。

滞納している人が信用できますか?借入の多い人が信用できますか?申込書にミスがたくさんある人は信用できますか?

審査を通るコツは、シンプルに信用を積むことです。

そして、審査に通り、借り入れができたとしても返済を確実に行いましょう。

一時的な借り入れは、生活を豊かにすることがあります。そのような借り入れをするためには、申し込み者と金融会社が共に気持ちよく貸し借りができるような姿勢が大切です。

最新記事

個性的なコマーシャルでも話題になっている、レイクA...

閉じる