レイクALSAの審査に通る人、落ちる人の違いとは

「レイクALSA」は19歳でも利用できる?気になる利用年齢

キャッシングをしたい!となった時に、どういったところを選びたいですか?

金利が安い所が良い!できるだけ安全に利用できるところが良い!という方が多いのではないでしょうか?「レイクALSA」はそういった希望の方から選ばれているローン商品の1つです。

お金がどうしても必要!だから「レイクALSA」でキャッシングをしたいと考える方の中には、もしかしたら未成年の方もいらっしゃるかもしれません。

例えば、高校を卒業してそのまま就職し、今19歳で勤続1年以上たっている…という方が、キャッシングを希望する場合、お金を借りることはできるのでしょうか?

今回は19歳の方が「レイクALSA」を利用できるのか調べてみました。

「レイクALSA」で借り入れしたい!キャッシング商品の概要は?

「レイクALSA」と聞いてあれ?と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

レイクと言えば、「新生銀行カードローン レイク」だという方も多いのではないでしょうか?

では、まずは、「レイクALSA」についてご紹介していきましょう。

「レイクALSA」は「新生銀行カードローン レイク」の後継商品!

以前テレビCMなどで、「新生銀行カードローン レイク」を見かけていたけど最近見ないなぁと感じる方もいらっしゃいますよね。

実は、「新生銀行カードローン レイク」は2018年3月31日をもって、新規申し込みの受け付けを停止しています。

そのため、現在ホームページ上では今まで「新生銀行カードローン レイク」を利用されていた会員向けのサービスと、新規にカードローンを希望される方に向けた新生銀行グループの他のカードローン商品の紹介が行われています。

新生銀行グループでは複数のカードローンの取扱いがあります。

  • レイクALSA
  • ノーローン
  • 新生銀行スマートカードローン プラス

これらの中でも「レイクALSA」は「新生銀行カードローン レイク」の後継商品として紹介されているのです。

では、「レイクALSA」は一体どのようなローン商品なのでしょうか?

「レイクALSA」は銀行のカードローンではありません!

一つ注意してほしいのは、「レイクALSA」は株式会社新生銀行が提供している商品ではないということです。

「レイクALSA」を提供しているのは、新生銀行グループの新生フィナンシャル株式会社となっています。

そのため、「レイクALSA」は、銀行のカードローンである「新生銀行カードローン レイク」とは違い、消費者金融のカードローンという位置づけになるので気を付けましょう。

銀行のカードローンと消費者金融のカードローンでは異なることが多いのですが、大きな違いというと、適用される法律の違いです。

  銀行のカードローン 消費者金融のカードローン
遵守する法律 銀行法 貸金業法
総量規制の対象 対象外 対象になる

総量規制とは、対象のキャッシングの合計が年収の1/3以上となるような貸付を行ってはいけないという決まりです。この規制は、貸金業法の中に定められている為、銀行法が適用される銀行のカードローンは、対象外となっています。

もちろん、銀行のカードローンが総量規制の対象外と言っても銀行も他の借り入れ件数などを鑑みて、各銀行の基準のもとに審査の合否を決めていますので、「銀行のカードローンは多少無理そうな金額でも借りられる」という考えは誤解です。

「新生銀行カードローン レイク」も「レイクALSA」もきちんと審査をしたうえで、貸し付けを行っています。

今19歳だけど働いていたら「レイクALSA」で借り入れできる?

では、「レイクALSA」とは具体的にどのような商品なのでしょうか?

19歳の方も借り入れが出来るのでしょうか?

知りたい!「レイクALSA」の商品内容は?

まずは、「レイクALSA」の商品内容についてみていきましょう。

種類 カードローン
融資額 1万円~500万円
金利(実質年率) 年4.5%~18.0%
※契約額や利用残高によって異なる
返済方式
  • 残高スライドリボルビング方式
  • 元利定額リボルビング方式

※自由返済のため、返済期間・回数は利用状況で異なる

担保・保証人 不要
遅延損害金 20.0%(年率)

融資額は1~500万円となっていますが、だれでも希望すれば500万円借り入れできるわけではありませんので注意しましょう。

先ほどご説明した総量規制の関係もありますし、最終的には申し込み側の希望通りではなく、審査によって決められるのです。

また、金利や毎月の返済額、返済回数などは、限度額や借り入れ状況などによりそれぞれ異なりますので、申し込み前にしっかりと返済シミュレーションを行うようにしてくださいね。

「レイクALSA」はカードローンなので、限度額の範囲内であれば、契約期間中は何度でも利用することができます。

気を付けて…「レイクALSA」は19歳だと利用できません!

では、肝心の19歳の方が「レイクALSA」を利用できるかどうかという点についてみていきましょう。

「レイクALSA」をはじめとするカードローンは、誰でも申込みをしたら利用できるというわけではありません。

もちろん審査を受けて審査に通ることが必要ですが、それよりも大前提として、申し込み対象者というのが決められています。

つまり、その対象者からご自分が外れている場合、たとえ申し込みをしたとしても、審査の前に「利用不可」となってしまうのです。

では、「レイクALSA」の申し込み対象者は一体どのような条件でしょうか?

  • 国内在住
  • 継続して安定した収入がある
  • 満20歳~70歳

国内在住については、外国人の方の場合は永住権が必要となります。

継続して安定した収入は、正社員だけではなく、派遣・契約社員、パートやアルバイト、年金収入などでも審査の対象となるようです。

そして、肝心の年齢については満20歳以上となっていますので、現在19歳の方は申し込み対象者から外れてしまいます。

これらの条件は、どれか一つを満たしていれば申し込みが出来るというわけではありません。

すべての条件をクリアしている方だけが、「レイクALSA」の申し込み対象者となります。

そのため、現在日本に住んでいて、すでに正社員として働いていたとしても、19歳であるうちは申込みをしても借り入れすることはできないのです。

たとえ年収が500万円を超える、会社の要職についている…なんて場合でも、あなたが19歳ならば、「レイクALSA」を利用できないと思っておきましょう。

どうして多くのキャッシング業者で未成年は利用できないの?

19歳で正社員(月収20万円)として勤続1年以上の方と、20歳学生でアルバイト(月収10万円)をしている方の場合、20歳学生でアルバイトという方はキャッシング出来るのに、19歳正社員の方はキャッシング出来ないという可能性は大いにあります。

多くのキャッシング業者の申し込み条件が満20歳以上となっている

「レイクALSA」は満20歳以上が対象となりますので、19歳の方はたとえ継続して安定した収入があったとしても利用できないと説明しましたが、実は「レイクALSA」だけではありません。

多くのキャッシング業者で、申し込み条件として「満20歳以上」を掲げているのです。

特に、テレビCMなどで見る大手のキャッシング業者は19歳でもOKというところは今の所見当たりませんでした。

では、どうして未成年はカードローン・キャッシングを利用することが出来ないのでしょうか?

未成年者の取扱いについて民法上の決まりがある

19歳でも働いているんだから、カードローンが利用できたってイイじゃない!と思うかもしれません。

しかし一般的に、未成年の方は、まだまだ社会経験や知識が浅く、契約をするときの判断材料や判断能力が未熟であるとされています。

そのため、不当契約や悪質な業者、無謀な契約から未成年者の方を守るため、民法では俗に言う「未成年者契約取消権」が定められています。

  • 「未成年者契約取消権」とは…
    未成年で独身の方が、法定代理人(親権者)の同意がなく行った契約については、未成年者本人または法定代理人の申立により取り消すことが出来るという権利のこと

法定代理人とは通常未成年者の両親(離婚などしている場合は父または母)を指します。

例えば、未成年の方が、業者に未成年と示したうえで両親に内緒でカードローンを契約したけど、返済できないから両親に相談した…なんていうケースの場合は、両親または本人の申し出により、カードローンの契約を無効にすることが出来るのです。

もちろん、何でもかんでも取り消しというわけではなく、一定の条件がありますが、貸金業者側は少しでもこういったリスクを避けるために、未成年者の契約を不可としているところが多い状況となっています。

ただし、未成年の方であっても婚姻をしているという場合はこの限りではありません。

レイクALSAに申し込みをするのは20歳になってからにしよう!

「レイクALSA」は19歳の方が申込みをしても、審査以前に申し込み条件にかみ合っていないということをご紹介してきました。

今19歳の方が「レイクALSA」に申し込みをしたい!と思った場合、出来ることは1つです。

それは、20歳になるまで待つ…ということになります。

もちろん、その時に継続して安定した収入(パートやアルバイトなどでもOK)を得ていること、他のローン商品(スマートフォンなどの割賦や、その他両親から承諾を得たローン商品など)があればそれをきちんと返済していることも重要です。

20歳になったときに、「レイクALSA」を利用する必要があるなら、申し込みを行い、審査を受けてみましょう。

今すぐお金が必要だからと言ってウソの申告をするのはダメ絶対!

お金が必要なのは今なんだから20歳まで待っていられない!という方も、もしかしたらいらっしゃるかもしれません。

どうしても必要だから…あと数か月で20歳だから…と申込みをするときに、年齢を偽りたくなるかもしれません。

しかし、申し込みの際にウソを申告するのは絶対にやめましょう。

数か月だからバレないはず…と安易に申し込みをしても、ほぼ確実にバレてしまうと思っておいてください。

どうしてバレるの?と思うかもしれませんが、申し込みの際には、申込者本人であるという証明書を提出(「レイクALSA」では運転免許証または健康保険証)することが必須となっています。

運転免許証・健康保険証には生年月日が記載されていますよね。その生年月日によって、まだ成人していないということが明らかになります。

ごまかす為に書類を加工する、別の成人している人の名前で申し込みをする…なんていう行為は犯罪となってしまう可能性も決して否定できません。

また、申し込みのときに詐称して相手を誤信させ契約をした場合、先ほどご紹介した未成年者の契約取り消しの行為をしようと思っても行うことはできないのです。

どうしてお金が必要か考え適切な対応をしよう!

「レイクALSA」を利用したい!と考えた未成年の方に質問です。

どうしてお金が必要なのでしょうか?

学費でしょうか?遊ぶためのお金でしょうか?生活費でしょうか?

お金が必要な場合、親御さんなど頼れる身内がいるならば、まずはそちらに相談してみましょう。

もし学費のために必要な場合は、消費者金融以外にも道はあります。所属している学校に相談してみると何か提案をしてもらえるかもしれません。

生活費が慢性的に足りない…という場合は、ご自分の生活を見直すのを第一として、アルバイトを増やしたり、仕送りについて相談をするということも出来るのではないでしょうか?

お金が必要!となった時に安易にキャッシングに走らずにまずは出来ることがないか、よく検討してみる事が大切です。

そして、それでもお金が必要…という場合は、しっかりと申し込み条件、商品の内容などを確認し、ご自分に合った業者を探すようにしましょう。

閉じる
閉じる