レイクALSAの審査に通る人、落ちる人の違いとは

レイクALSAで40万円借りたら?シミュレーションで安心返済!

レイクALSAで借入をする時、やっぱり返済のことは気になりますよね。でも利率の計算や返済方法を考えると、ちょっと面倒になってしまいがち。

例えば40万円を借りたい時、月々の返済はいくら?何回払い?そもそもどうやって計算すればいい?と、疑問は山積みです。かと言って放置したまま借入をすると返済に困ってしまうかも。

レイクALSAでは安心して借入ができるよう、事前に返済額を計算するシミュレーターを用意しています。便利なアプリも出ていますよ。レイクALSAの返済の特徴や、シミュレーターでの返済計画を考えていきましょう。

レイクALSAの利率は?借入額や条件で4.5%~18.0%内!

借入をする時、当然ついて回るのが利率(金利)ですね。レイクALSAでももちろん金利が発生しますが、金利は全てが一定ではなく、以下の条件でそれぞれ設定されることになります。

  • 借入限度額
  • 借入残高

借入限度額とは、返済能力を審査し、貸しても大丈夫と思われる最大の金額です。場合によっては一気に全額を借りることは難しく、過去に数回の借入、返済に遅れない等、状況によって一度に借入できる金額が変わります。

ご存知の通り、借入限度額は利用状況、収入の変化、返済態度(返済遅れがにないか等)によって増額、あるはい減額のケースがあります。最初の限度額に不満がある人でも、誠実な利用を心掛ければ変更の可能性があります。

借入残高とは、借入限度額から現在の借入額(未返済額)を差し引いた、残りの金額となります。新たな借入はこの借入残高の範囲内から行うことになります。

レイクALSAならではと言うより、こちらは多くの金融機関でも借入の際に重視されることです。改めてチェックしておきましょう。

レイクALSAならではの条件も!無利息期間中はまた違う

前述の条件だけではなく、レイクALSAならではの条件も見ておきましょう。以下の条件にあてはまる人は、利率が変更されることがあります。

  • 無利息期間を利用中
  • 借入が初めて
  • その他過去の借入状況、返済状況の個人差

レイクALSAでは無利息期間を設定しています。初めての借入に限り、借入金額にや希望に応じて一定期間を無利息で利用できます。

借入額 5万円まで
(5万円超過分は通常金利)
借入金全額
無利息期間 180日間 30日間
対象者 レイクALSAを初めて利用する人 左に同様
無利息開始日 契約日の翌日から 左に同様
返済開始日 無利息期間中に発生 左に同様
無利息期間終了後の利率
(または5万円超過分)
12.0%~18.0% 4.5%~18.0%

「レイクALSAと契約した翌日」から、初めての借入の人は無利息で借入ができます。5万円までの借入、借入金全額で無利息期間が異なります。無利息期間が終了すると、通常通りの利息が発生します。

また、5万円までの借入とありますが、それ以上の金額を借りることも可能です。この場合は「5万円分だけ無利息」と考え、残りの金額には通常の12.0%~18.0%の利率で利息が発生することを覚えておきましょう。

例えば40万円を借入すると、無利息分は5万円のみで、残りの35万円には通常通りの利率がかかるというわけですね。

無利息期間適用者の他には、「レイクALSAの判断により」適用利率が変わることもあります。過去の返済状況や態度に問題がなければ、あまり関係のない項目ですが、心当たりがある人は注意しておくべきかもしれません。

レイクALSAの利息算出方法は?借りた日数だけの日割り計算!

実際、レイクALSAではどのように利率を計算し、利息を出すのでしょうか。公式サイトでは以下のように、分かりやすい図を掲載しています。

http://shinseifinancial.co.jp/img/cashing/condition_il01.gif
http://shinseifinancial.co.jp/cashing/condition.asp?id=&aspid=

【1日分の利息=利用金額(借入金額)×貸付利率÷365日】という計算方法ですね。うるう年には365日ではなく、366日となります。

この計算方法の場合、利率は1日ごと、利用した日数分(借入していた日数分)のみが発生することになります。不要な利息が発生しないため、無駄がない計算方法だと言えるでしょう。返済側としても嬉しいですよね。

実際に40万円を無利息期間無しで、金利9.0%で借入した場合、1日あたりの利息は以下のようになります。

【40万円を9.0%の利率で借入した際の1日あたりの利息】

400,000円×9.0%÷365日=98円

※算出した金額は小数点以下を切り捨ててありますので、実際は1円程度の誤差が発生する可能性があります。

40万円を9.0%の利率で借入すると、日ごとにおよそ98円の利息が発生することになりますね。

あとは借入している日数分を計算すれば、何日間で何円の利息を支払うのかが分かります。

シミュレーター活用がオススメ!手軽に使えるアプリもリリース中

借入のたびにいちいち計算は手間すぎて…と言う人でも、レイクALSAなら安心です。レイクALSAでは、公式サイトに返済シミュレーターを用意しているため、簡単に月々の返済額を計算することができます。

また、レイクALSA公式アプリとして、「e-アルサ」をリリースしています。

http://lakealsa.com/img/common/alsa/spapp_app_logo.png
http://lakealsa.com/beginner/sp_appli.asp

こちらのロゴが目印のe-アルサ。Android、iPhone両方に対応しています。それぞれのアプリストアからダウンロードできます。

公式サイトのシミュレーター、e-アルサの両方とも、以下のような特徴があります。

  • 借入希望額と予定利率を入力するだけなのでとても簡単
  • 返済期間、月々の返済額の参考値が分かる

該当欄に借入希望額、予測される利率(利率表等を参考にするとより分かりやすいでしょう)を入力するだけで、返済期間と毎月の返済額のおおよそが分かります。

尚、シミュレーターやアプリで入力できる予測利率は、最低9.0%~最高18.0%です。金額と利率によっては計算ができないことがありますが、その時には改めて金額、利率を見直してみると良いでしょう。

また、シミュレーターやアプリで計算された金額は、あくまで参考値となります。確定したものではありませんので、実際に借入をする際には、必ず最終確認をすることが大切です。

同じリボでも2種類?残高スライドと元利定額リボの違い

レイクALSAの返済は、基本的にリボルビング払い(リボ払い)となっています。このリボ払いですが、レイクALSAでは2種類に分かれています。

  • 残高スライドリボルビング方式
  • 元利定額リボルビング方式

どちらも分類としては「リボ払い」であることに間違いありません。ただ、違いは以下のようになっています。

返済方法 返済内容
残高スライドリボルビング方式 元金と利息を合わせた毎月の返済額を
利用残高に応じて変動させて返済していく
元利定額リボルビング方式 元金と利息を合わせた毎月の返済額を
利用残高に関係なく定額で返済していく

残高スライドリボルビング方式は、利用限度額から現状の借入金を引いた「利用残高」に応じた返済額が決定されます。利用残高が多ければ多いほど、返済額が高くなる傾向にあります。

例えば、利用限度額が50万円の人が40万円を年利18.0%で借りると、月々の返済額は最低で14,000円になります。

こちらの金額表は公式サイトに明記されていますので、残高スライドリボルビング方式を選択する人は要確認です。

対して、元利定額リボルビング方式は、利用残高に関わらず、一定の金額を毎月返済していく方法になります。返済最低金額は4,000円からとなっており、こちらは借入金額によって決定されます。

どうしても不安、でも借りたい…そんな時には直接問い合わせを!

いくらシミュレーターやアプリで事前に計算してみても、やはりどうしても不安で…ということもあるかもしれません。そんな時にはレイクALSAに問い合わせることが一番です。

アナログな方法と言えばアナログですが、最終的に手応えを感じ、確実に安心できるのは対人だ、と言う人にはオススメです。

対応サービス 対応時間
オペレーター(直接通話) 平日9時~18時
自動音声サービス(プッシュホン選択) 24時間受付
毎週月曜日と木曜日0時~2時、
毎月第3日曜日19時~翌月曜日8時を除く
オペレーターサービスは、平日の9時から18時までの受付です。手っ取り早く質問したいという人には最適でしょう。「40万借りたら返済は月々いくら?」といった質問でも、すぐに明確な答えがもらえますよ。

自動音声サービスは、アナウンスに従い、用件の番号をプッシュして行く方式になります。質問内容によりカテゴリーが分かれています。借入や申込、契約前の相談は、アナウンスの「1」をプッシュすれば案内が開始されます。

お金を借りることは思ったより重要です。できればトラブルがないように、少しでも不安があればぜひ先に解消しておきましょう。

40万円の借入返済は?使ってみようシミュレーター!

先にご紹介した公式サイトやアプリのシミュレーターを使えば、返済計画を立てる助けになります。実際、40万円を借りる時にはどのようになるのでしょうか。以下の条件で公式サイトのシミュレーターを使ってみましょう。

  • 借入希望額:40万円
  • 予測利率:9.0%(入力できる最低金利)

こちらの希望条件をシミュレーターの該当欄に入力し、計算ボタンを押すと、1秒で結果が出ます。上記の条件での計算結果は以下となりました。

  • 月々の返済金額:12,000円
  • 返済回数:39回

40万円を9.0%の利率で借入すると、月々の返済額は12,000円、返済回数は39回となります。

ただ、先にもご説明した通り、こちらはあくまで参考値であり、かつ、返済方法が残高スライドリボルビング方式であれば、返済を続けるうちに金額が変更されていきます。

また、利率も実際の借入時には異なるケースもあります。

気になる利率の判断は?契約限度額で異なる利率

レイクALSAでは、個人の利用限度額(契約限度額)によって、借入時の利率が異なっています。

公式サイトによると、200万円を超えるか超えないかで決定されていることが分かります(2018年7月現在)。

契約限度額が【200万円以下】の場合、借入時の利率は以下のように設定されています。

基準残高(限度額) 適用利率
1円~99万9,999円 15.0%~18.0%
100万円~200万円 12.0%~15.0%

この表で見ると、限度額が100万円未満の人は、40万円を15.0%~18.0%で借入れすることになります。100万円以上200万円の人は12.0%~15.0%です。返済総額におのずと差が出て来ることが分かります。

また、契約限度額が200万円以上の場合には、以下の利率となります。

基準残高(限度額) 適用利率
200万1円~300万円 9.0%~15.0%
300万1円~400万円 7.0%
400万1円~500万円 4.5%

200万円を超えてくると、利率がかなりお得になっています。同じ40万円の借入でも、返済総額が相当異なってくることは想像に難くないですね。

初めての申し込みの場合、契約残高は低く抑えられる傾向があります。

最初は数十万円のことも。収入や予測できる利率から、月々の返済可能額を考え、総合的な借入額を考えてみるのも良いかもしれません。

計画第一!レイクALSAのシミュレーターで安心安全の借入を

レイクALSAは元々評判の良かった新生フィナンシャルカードローンが生まれ変わったカードローンです。カスタマーサービスの高さをそのままに、より使いやすく、個人のライフスタイルに沿った使い方ができるようになっています。

返済時には利率から算出される利息がつきものですが、事前に計算しておけば、計画的な返済が可能です。公式サイトやアプリのシミュレーターを活用し、できるだけ負担のない返済を目指しましょう。

閉じる
閉じる