レイクALSAの審査に通る人、落ちる人の違いとは

レイクALSAに初めて申し込み。60万円いきなり借りられる?

とつぜん、60万円必要になった!そんな大金、借りられるの・・・?大手消費者金融会社の代表であるレイクALSAは、初めての申し込みで60万円をいきなり借りられるのでしょうか。

無利息サービスを利用した借り入れや、60万円借りるための審査について、解説します。

レイクALSAの審査基準とは?60万円の枠はゲットできるのか

消費者金融会社を利用する時にもっとも気になることのひとつ。それは審査ではないでしょうか。レイクALSAの審査の流れや基準をチェックしましょう。

「仮審査」と「本審査」で審査される

レイクALSAを始めとした消費者金融会社は、インターネット上でかんたんに審査ができるサービスがあります。それは仮審査・簡易審査などと呼ばれています。

インターネットの申し込みフォームから、借り入れしたい額や年収を送信すれば、おおよその借り入れ可能額が出るのが、仮審査です。そこで審査に通れば、本審査に進むという流れです。

本審査では、実際に契約するのに必要な、身分証明書などの書類を提出して、入力フォームの情報がウソではないかというところを審査します。

消費者金融会社の細かい審査の情報は公開されていませんが、一般的に、仮審査は、コンピュータによるスピーディーな審査であり、本審査では人の手が入り、より詳細にチェックされるとされています。

借り入れ可能額の決まり方

審査というと、「通った」「落ちた」という結果しかないような気がしますが、実際は、希望額を借り入れできるほどの枠がもらえるかどうかがポイントとなります。

自分の希望額が60万円だったとしても、審査によって、10万円までしか借り入れできないと決められることもあるわけです。どのようにその額が決定されるのでしょうか。

一般的に、年収の3分の1までを消費者金融会社で借り入れできるとされています。

たとえば年収が300万円の方の場合、単純計算で100万円まで借り入れできるということですね。

しかし、レイクALSAに申し込みして、いきなり100万円の枠がもらえるというわけではありません。住宅ローンやクレジットカードのキャッシングなど、レイクALSA以外にも様々な借り入れをすることも鑑みて、また、貸す側の事情もあり、高額な枠を最初からゲットできるのは非常にまれなケースのようです。

最初から60万円の枠は難しい?平均の借入額は?

それでは、平均的な借り入れ可能額はいくらなのでしょうか。

一般的な会社員の方が初めて申し込みした場合、30万円~50万円くらいとされています。

ただ、他に借り入れがあったり、年収が低めだったりすれば、それより低いことももちろんあります。多重債務で苦しんでいるような場合、枠が0円、つまり、審査に落ちたということにもなります。

最初から60万円の枠がゲットできるのは、公務員や大企業の社員など、安定しているイメージのある職業が多いかもしれません。一方、レイクALSAではパートやアルバイトでも借り入れ可能ですが、その場合10万円程度と思っておいた方がよいでしょう。

レイクALSAで60万円借りると利息はいくら?一ヶ月に返済する額

60万円を借りられることになったとしても、いきなり60万円という高額を借りるのは、返済が大変になるのでは?と心配になりますね。つづいて、利息について解説します。

60万円借りる時のレイクALSAの金利は15~18%

カードローンの利息は、借りる金額によって変わります。60万円の枠の場合、レイクALSAの金利は15%から18%の間と決められています。金利は低ければ低い方がお得になるので、もちろん15%の金利が適用される方がいいのですが、初めての申し込みの場合、18%からスタートすることが多いようです。

金利が18%だった場合、60万円に0.18を掛け算した金額が利息です。単純計算で10万8000円です。しかし、これは一年間ですべて返済した場合の利息です。実際は、借りる期間によって、利息金額は増えます。

1ヶ月に最低1万6千円返済する必要がある

カードローンには、最低返済額というものがあります。1ヶ月に○○円以上は返済しなければならないのですが、レイクALSAで60万円借りる場合は、1ヶ月に1万6千円以上と決められています。

最低金額で返済し続けた場合、60万円全部を返済するのに、何ヶ月かかり、利息はいくらなのでしょうか。

金利 返済回数 利息
15% 51ヶ月(4年2ヶ月) 21万220円
16% 54ヶ月(4年5ヶ月) 25万5893円
18% 56ヶ月(4年7ヶ月) 28万1581円

利息は、もちろん一度に全額払うわけではありませんが、こうして比較してみると15%と18%で約7万円違うんですね。これに加えて元金の60万円も返済しなければならないので、4年~5年くらいかけて返済するのは納得、という感じがします。

無利息サービスを使おう

以上で見たのは、単純な返済額です。しかし、忘れてはならないのは、レイクALSAには無利息サービスがあるということです。

初めて利用する時だけに限定されてはいますが、30日間と180日間の無利息キャンペーンがあります。

初めての方なら誰でも利用できます。それを利用すれば、利息は上記の表よりももっと少なくて済みます。

他の消費者金融会社で60万借りるには?レイクALSAは本当にお得?

レイクALSAの利息や返済回数を比較しました。ここで気になるのは、他の消費者金融会社ではないでしょうか。他の業者の方が、60万円をお得に借りられるのでしょうか。

低金利の銀行カードローン

銀行の商品であるカードローンなら、レイクALSAのような消費者金融会社に比較すると低金利で借りられます。例えば、都市銀行のカードローンのひとつ、三菱UFJ銀行の「バンクイック」で60万円借りる時の比較をしてみましょう。

カードローン名 金利 返済回数 一ヶ月の返済額
バンクイック 14.6% 56ヶ月(4年7ヶ月) 14,838円
レイクALSA 18% 56ヶ月(4年7ヶ月) 16,000円

それぞれ、最高金利で比較しました。一ヶ月あたり、約2,000円も返済額が違うということがわかります。ただ、バンクイックは一ヶ月あたりの返済額を減らし、もっと長期間で返済することも可能です。そうなるともう少し全体の利息はあがります。

注意したいのが、レイクALSAの無利息サービスを利用すれば、上記の表よりも早く返済できる場合、低金利のバンクイックよりもお得になることもあるということです。無利息サービスは上手に利用すれば非常にお得になります。

無利息サービスのある消費者金融会社と比較

それでは、次に、無利息サービスのある他の消費者金融会社と比較してみましょう。30日間無利息サービスのあるアコムをチェックします。

カードローン名 金利 返済回数 一ヶ月の返済額
アコム 18% 46ヶ月(3年9ヶ月) 18,150円
レイクALSA 18% 56ヶ月(4年7ヶ月) 16,000円

アコムでは、最大金利の18パーセントで借り入れした場合、最大46回しか選べません。総合の返済額は少なくはなりますが、一ヶ月あたりは当然ながら支払う額が増えます。

アコムの無利息キャンペーンは最大30日間です。レイクALSAも同様ですが、レイクALSAの場合5万円まで180日間無利息というサービスも選べます。

60万円の場合、30日しか選べないかというとそうではありません。5万円を超えた金額は通常金利で借りられます。30日と180日とどちらがお得かは、返済し終わる期間によって異なります。

まとめると、アコムとレイクALSAでは、ほとんどサービスも金利も同じなので、返済期間によってお得になるかどうかが決まるということです。

利息以外のサービスも考慮しよう

今は、利息や返済期間のことだけで比較しましたが、カードローンの便利さはそこだけではありません。

急にお金が必要になった時に、素早く借りられるか、場所を選べずに借り入れできるかということも大きなポイントです。

銀行カードローンは、金利は低いですが、申し込みしてその場で借り入れできる可能性は低いです。アコムやレイクALSAは、スピードが第一なので、審査に通りさえすればすぐに借り入れできます。

また、借り入れする時に、提携しているATMの手数料が無料になるなどのお得ポイントもあります。たとえばレイクALSAの場合、新生銀行のATMも無料になります。

銀行カードローンの場合、カードローンサービスを利用する方は、その銀行の住宅ローンの金利が低くなったりなどのサービスもある銀行もあります。地方銀行のカードローンの場合、とくにそういったサービスが多い場合があるので、馴染みのある銀行のサービスはチェックしておいて損はないでしょう。

レイクALSAを賢く使おう。60万円を効率よく作る方法

60万円を一気に借り入れするには、審査のハードルもなかなか高く、長期間での支払いを覚悟しなければならないこともおわかりいただけたと思います。

それでも、必要なものは必要ですよね。どうしたら効率よく60万円を作ることができるのでしょうか。

レイクALSAの無利息を上手に使うには

先述の通り、レイクALSAには「30日間」と「180日間」の選べる無利息サービスがあります。60万円借りる時にも、初めての利用であれば、そのどちらか一方が利用できます。

180日間という長期間のサービスは、5万円以下までなので、60万円借りる場合は、30日間の無利息サービスを利用した方が効率的です。

あまり現実的ではないのかもしれませんが、万が一60万円借りて30日以内という超・短期間で返済すれば、4年以上かけて返済した時の利息の20万円以上が0円になります。

もうひとつ忘れてはならないのは、無利息サービスは、借り入れした日から30日間、ではなく、契約した日の翌日からだということです。すぐに借り入れしないと損になってしまいます。

また、無利息期間中に、延滞などの事故が起これば、サービスは停止されてしまいますので、注意が必要です。

必要なお金の一部を自力で作る

お金を借りる時は、金利がかからなければかからない方が、もちろんのことお得なわけです。ですので、できることならば60万円を一気に業者に借りるよりも、その一部でも自分で用意できるにこしたことはありません。

金利がかからず、お金を作る方法を挙げてみました。

  • 持ち物を売る
  • 他人に借りる
  • とにかく働く

持ち物を売って60万円作るには、車や宝飾品などの高級なものを売るしかありませんが、もし1万円でも売るものがあれば、レイクALSAから借りる時の金利が少額でも節約できます。塵も積もれば山となるで、もし身の回りに売れるものがあればチャレンジしてみましょう。

人からお金を借りるという方法は、あまりオススメできません。お金を借りることで、人間関係が壊れるということは往々にある話ですし、借りる時の手続きなどが難しいという欠点もあります。

もしお金を他人から借りる場合は、いかに近しい人であっても、口約束だけではなく、契約書のようなものを書いた方がよいでしょう。

一番シンプルなのは、とにかく働くという方法です。単純なことですが、働けば働くほどお金は貯まります。金利を払う必要もなくお金が手に入ります。「60万円稼ぐなんて…」と気を落としてしまうかもしれませんが、普段の収入の他、その一部でも稼げれば、金利は大幅に節約できます。

また、忙しく働くことで、お金の悩みを忘れることができるというメリットもあります。お金に困っている時は、どうしてもそのことばかり考えてしまい心配になってしまうものですが、悩む間もなく働くことで、自然とお金は増えて、いつの間にか必要なお金が用意できた…という体験談もあります。

閉じる
閉じる