レイクALSAの審査に通る人、落ちる人の違いとは

レイクALSAの借入残高を知りたい。確認方法や会員ページの活用

近未来を彷彿とさせるTVCMにより「新しさ」を感じさせてくれる、消費者金融系カードローンの新商品「レイクALSA」。契約から返済、残高の確認から取引履歴の確認など全てが「新時代」の到来です。

少し大げさな表現となりましたが、実際にレイクALSAは人工知能「AI」を導入するなどあらゆる場面で「隙」がありません。

この記事ではそんな革新的な金融商品である、レイクALSAの魅力をお伝えしていきます。ズバリ!ターゲットは、手軽さを求める「ネット世代」です。

そもそもレイクALSAって何?以前との違いはあるのか

2018年4月1日よりサービスが開始している、レイクALSA。「レイク」というブランド名を聞いたことがある方も、多くおられることでしょう。以前は「新生銀行カードローンレイク」という商品名でしたが「レイクALSA」に生まれ変わることによって、何が変わったのか確認していきましょう。

同じようであり全くの別物!?大きな一つの変更点

まず初めにお伝えしておくべきことは、以前のレイクとは全く別物であるということです。細かく金利や無利息期間などのサービスを確認すると、大きな変更点は無いように思えます。しかし新生銀行カードローンレイクはその名の通り「銀行系カードローン」の一種で、レイクALSAは「消費者金融系カードローン」となります。

消費者金融系カードローンは、貸金業法に基づき「総量規制」の対象になります。

総量規制とは:
個人向けの貸付に対し、過剰な貸付を防ぐため
原則「年収の3分の1」までと定められている。
複数社からの借入の場合、合計金額が3分の1以内に収まらなければいけない。

また消費者金融系は、収入の無い方への貸付は行いません。そのため専業主婦の方などは、融資の対象外となります。銀行系から消費者金融系へのシフトチェンジが、最大の変更点と言えるでしょう。

良い部分は引き継ぎ時代にマッチ!レイクALSAの強み

元々レイクブランドも、消費者金融系他社が多くウリにしている「即日融資」をうたってきました。しかし2018年1月より銀行系カードローンの即日融資が不可となり、「早さ」において劣ってしまいました。

強みである「2種類の無利息期間」と「即日融資」の両方を活かすため、時代の流れに乗り「消費者金融系」へ再参入を果たしたということですね。

レイクALSAのALSAは

  • Agility(はやい)
  • Linked(つなげる)
  • Security(あんしん)
  • According to our vision(私たちのヴィジョンに
    則って)

この4つの意識で「まだキャッシングを利用したことのない若い世代」をターゲットと定め、サービスを展開していく期待感があります。

以前のレイクに借入残高が残っている場合は?レイクALSA利用時の注意点

先ほど「新生銀行カードローンレイク」と「レイクALSA」は、別の商品であることをお伝えしました。もし以前の「レイク」にまだ借入残高が残っている場合、いったいどうなるのでしょうか?

利用できなくなるワケではない!以前のレイクも継続可能

2018年3月いっぱいで「新生銀行カードローンレイク」の、新規申込は不可となりました。しかし勘違いをしてしまいがちですが、借入や返済などの通常利用は変わらず続けることができます。

2017年12月に「レイク」の事業停止、または融資停止とも取れる報道がありました。ですがあくまで事業の見直しであり、「継続して利用はできる」ということを覚えておいてください。

もし新規で新生銀行のカードローンを利用したい場合は、「新生銀行スマートカードローンプラス」を利用しましょう。その際「新生銀行カードローンレイク」と契約を続けている場合は契約不可なので、解約後の申し込みとなります。

多重債務に注意!レイクALSAと新規契約する場合

「新生銀行カードローンレイク」に借入残高がある状態で「レイクALSA」と契約し、キャッシングを受けると多重債務となるので注意しましょう。

もし「一本化したいなど」の考えがある場合は、無利息期間などを駆使して一方を完済するなどで対応してください。

もちろん既に「年収の3分の1」以上の借入があると、総量規制の影響でキャッシングは受けられません。また別商品のため、契約や増額の基準が異なる可能性があります。一概に「以前も利用しているから大丈夫だろう」、と考えるのは良くないかもしれません。

レイクALSAの魅力は手軽さ!残高の確認から管理までネットでOK

近年消費者金融の進化は著しく、レイクALSAにも魅力的な部分がたくさんあります。なによりも手軽に利用できる、という利点があげられるでしょう。また利用開始後もネットを駆使した管理で、快適に利用を続けていくことができます。

引き継がれた無利息期間!レイクALSAを選択する理由

新生銀行カードローンレイクで常に需要があった「2種類の無利息期間」が、レイクALSAにも引き継がれています。

180日間無利息(~200万円までの借入) 借入額のうち5万円までが無利息
30日間無利息 借入額全額に対して

30日間の無利息については、他社でもよくあるサービスです。しかし180日間の無利息サービスは、レイクならではの強みではないでしょうか?10万円借りたとして、180日間は5万円超過分のみに利息が発生します。借入残高が5万円より少なくなれば、180日以内は無利息になるという仕組みです。

利用目的や返済プランによって無利息期間を選択できるので、多くのニーズにマッチしていると言えるでしょう。

レイクALSAは進化を続ける!充実の会員ページ

ネットの普及によりスマホやパソコンから自身の会員ページにログインし、情報を照会することは当たり前になってきました。レイクALSAもそういったシステムを導入しており、さらには5月より「スマホATMサービス」や新アプリ「e―アルサ」の導入が発表されております。

益々若年層やネット世代をターゲットに、進化を続けていくということですね。

2018年4月現在でも、会員ページで様々なことを行えます。

  • 手数料無料の銀行振込依頼
  • 取引状況・残高の確認
  • 返済日の確認変更
  • 引越しなどの登録情報変更
  • web返済サービス
  • 取引内容を郵送の代わりに、PDFでダウンロード

借入から返済まで、考えられる全てのことをネットで完結しています。今のままでも十分過ぎるほどですが、さらに快適に利用できるようになることが予想されます。

未来への加速!?人工知能「AI」の導入!

近年よく耳にするようになった「AI」ですが、金融業界にも浸透しつつあります。レイクALSAもキャッシングの審査などにこの「AI」を導入し、よりスピーディーな対応を実現しています。

徹底的な早さ!即日融資の復活と進化

実際にレイクALSAと契約を結び、銀行振込でのキャッシングを受けると所要時間はどの程度なのでしょうか?webでの申し込みの場合各々の入力スピードにもよりますが、なんと15分程度で申し込みから振込までが完了します!

正直公開されていない部分なので、これが「AI」によるスピードなのかは不明です。しかし、本当に「新時代」を感じざるを得ない対応の早さなのです。即日融資の「レイク」が、復活したと言えるでしょう。

もちろん銀行振込の場合営業時間の関係で、遅くとも14時までに申し込む必要があります。その時間以降は、自動契約機まで足を運んで申し込みをしましょう。

レイクALSA総まとめ!今後さらに期待できる商品に

最後にはなりますが、簡単に要点をまとめておくので再度確認しましょう。

  • 銀行系から消費者金融系へ変化していることへの注意
  • 以前のレイクも継続利用は可能
  • 以前のレイクとの併用は多重債務となる
  • 取引から管理まで全てネットで行える
レイクALSAはスマホを使い慣れている世代であれば、誰でも手軽に利用できるようになっています。今後はピンチの時に選択肢にあがる、心強い味方となってくれるでしょう。

しかし借入の管理は、確実に行う必要があります。快適な利用環境を駆使し、計画的な返済プランでのご利用をお願いします。

閉じる
閉じる