レイクALSAの審査に通る人、落ちる人の違いとは

レイクALSAへのお問い合わせ方法とは?WEBでも電話でもOK!

何をやるにも疑問点を残したままではあとあと問題を生じることがあります。特にレイクALSAのようなお金の絡む話ではなおさらで、疑問点が残らないよう説明に目を通し、よくある質問も読んでおきましょう。

それでも疑問点が残るのであれば、レイクALSAに直接お問い合わせをして、解消しておくことが必要で、レイクALSAの場合WEB上のホームページからの問い合わせやコールセンターへの電話が利用できます。

こういった問い合わせを行う場合、内容が相手に伝わることが重要ですから、まずは自分で内容を整理して、順序良く説明できるようにしておくようにしてください。

無駄な問い合わせを繰り返してはいけません。

疑問点を残しておくのは良くない!すぐに確認しておくべき

レイクALSAに限った話ではありませんが、お金についての契約を交わす場合には、サービス内容や細かい契約内容について、しっかり理解しておくことが大変重要なことです。

ですから、もしレイクALSAを利用しようという場合には、まずはパンフレットでもホームページでもよいので隅から隅までよく読んで、内容を理解しておくことが必要になります。

その中で疑問を感じた部分については解消しておかなければなりませんが、多くに人は同じような疑問を抱くものですから、まずはホームページに有るよくある質問に目を通してみる必要があるでしょう。

レイクALSAはお金を扱うため内容の理解が重要

日本人は欧米に比べて契約という概念の理解が浅く、契約を交わす場合も契約書の中身をよく理解しないまま、サインしてしまう場合も多く後々問題になることもあります。

特に最近ではカードローンというものができて、簡単にお金が借りられるような時代になって来ていて、お金を借りるための契約を交わす人も増えいます。

レイクALSAを利用しようという場合も契約が必要ですが、やはり契約を交わす前に内容を理解しておくことは大変重要です。

まずは説明資料を隅から隅まで読んでおくことが前提

ただし、いきなり契約書を読めと言っても、内容の理解には無理がありますから、最初は、もう少し表現が分かりやすくなっている説明資料の方を隅々まで目を通しておくことが重要です。

説明資料というのは店舗に置いてあるようなパンフレットでもよいですし、WEB上にあるホームページを利用するのが普通で、最新情報も含めて確認することができます。

まずはこの説明を読んで分からない言葉などは検索して調べてみましょう。少しづつ金融用語も理解できるようになるので、契約書で利用される文言についても分かるようになっていくはずです。

疑問を持ったらよくある質問に目を通してみよう

ある程度理解が進めば、自分が理解できない部分もわかるようになってくるので、そういう部分が出てきたときは、まずは「よくあるご質問」というWEBページが用意されているのでそこを読んでみましょう。

よくある質問というのは多くの人がよくわからないと感じるような点について、あらかじめ回答が作られているもので、大概の不明点についてはここを読めば解消できるはずです。

よくある質問など役に立たないと考える人も多いですが、人間というものは同じような疑問を抱くものですから、まずは目を通してみてください。

~疑問点を残しておくと損失につながることもある~
もしよくわからないような疑問点を残しておくと、利用を始めてからそれがもとで、利息に影響が出ることもあり、自分の損失につながるかもしれないので、そのまま残しておかないように十分注意して下さい。

よくある質問で解決しない時はレイクALSAにお問い合わせ!

多くの疑問はよくある質問で解消するはずですが、それで解消できない時には、レイクALSAに直接問い合わせをして解消するしかありません。

まず最も簡単なのは、レイクALSAが用意しているコールセンターの利用でしょう。この場合オペレータが対応してくれます。ただし時間外は自動応答のみになる場合もありますから時間には注意が必要です。

また利用開始後は、ホームページに用意されている問い合わせフォームを利用することもでき、24時間いつでも問い合わせが可能です。

ただし即答というわけではないので急ぎの場合には利用すべきではありません。

もしどちらもあまり利用に慣れていないという場合には、店舗窓口に行って直接聞いてみるという方法で疑問点を解消しましょう。

最も簡単なのはコールセンターを利用する方法

よくある質問を読んでも自分の疑問点が解消されない時は、レイクALSAに直接問い合わせることが必要になります。直接問い合わせる方法としては次の3つが考えられます。

  • コールセンターへの問い合わせ
  • WEB上からの問い合わせ
  • 窓口の利用

このうち最も簡単なのはコールセンターを利用することです。レイクALSAが用意しているコールセンターでは、次の2つが可能です。

  • 申込前の問い合わせ
  • 利用開始後の問い合わせと各種機能の提供

申し込みの前の問い合わせでは24時間オペレーターが対応し、説明後にそのまま申込みを行うことも可能になっています。

利用開始後に利用する場合には、追加融資の申し込みや利用限度額の増額申し込みなど各種の機能の利用の他、平日9時から18時までの営業時間内はオペレーターに問い合わせることも可能です。

ホームページからの問い合わせは、すでに利用している人が自身の会員ページ内から行うことができるようになっているもので、コールセンターの場合と同じように問い合わせと各種機能の提供が行われています。

ただし、WEBからの利用の場合には、コールセンターのようにリアルタイムで対応してくれるわけではなく、時間差が生じる可能性があるので、利用する際には、その点は了解しておかなければなりません。

機能の設定や疑問点というのは緊急に行う必要がある場合と、急ぐ必要がない場合があるので、そういった点でWEBとコールセンターを使い分けても良いでしょう。

WEBも電話も使いにくいという場合は窓口に行って直接確認

自分はWEBも電話も苦手という人は、いっそのこと窓口に行って説明を受けたり、各種手続きを行うことを考えてみましょう。

窓口であれば、その場で説明を受けることができますから、言ってみればもっとも確実で早い方法と言えるでしょう。

もちろん店舗が近くになかった場合には行くまでに時間や費用が発生してしまうので注意は必要ですが、申込みをするにしても説明を聞きながら行えるので、あまり金融用語を知らない人でも安心です。

~消費者金融の店舗は怖いのか~
消費者金融は昔はサラ金と言われ、厳しい取り立てを行うような怖い会社というイメージが有って、店舗に行くことがはばかられる場所でした。

このため、今でも消費者金融の店舗には行きたくないと考えている人も多いですが、最近の大手消費者金融は銀行のグループ企業になっている場合も多く店舗が怖いということは有りません。

コールセンターの利用方法!申込の前の問い合わせから申込も可能

コールセンターを例に問い合わせ方法を説明すると、まずまだ申し込みをしていない場合でも、利用することが可能で、疑問点の説明を受けることができ、そのまま申込みに進むこともできます。

すでに利用中の人の場合には、自動応答による利用方法とオペレーターの呼び出しが可能で、利用限度額の増額など各種の設定が必要な場合には自動応答で行えます。

何らかの問い合わせがある場合にはオペレーターを呼び出せますが、この対応は営業時間内という制限が有って24時間対応はしてくれないので、注意しなければなりません。

申込の前に問い合わせ続けて申込みも可能

ではコールセンターを利用して問い合わせを行う場合について詳細を説明しておきましょう。

コールセンターはプッシュ音によって自動的に切り分けを行っていくシステムになっています。電話を入れると次のようにまずは1~3のプッシュ音で切り分けられます。

番号 機能
申込前の人からの問い合わせにオペレーターが対応し説明後にそのまま申込みも可能
既に利用中の人が自動応答機能を利用して各種機能を利用することが可能
既に利用中の人の問い合わせにオペレーターが対応し不明点を説明

2と3については既存の利用者と確認するために、カード番号か会員番号が必要になります。

利用中の人は自動応答機能を利用して何ができるのか

では問い合わせというわけではありませんが、番号2で利用中の人が自動応答機能を利用して何ができるのかというと、やはり番号のプッシュ音によって次のように切り分けが行われます。

番号 機能
現在の契約内容の案内のアナウンス
銀行振込による追加融資の申込み
利用限度額の増額の申込み
返済の手続き
カードの紛失等でのカード利用の停止
上記以外の場合はオペレーター呼び出し
ただし平日9時~18時の間のみ

例えば電話を入れて2番の次にもう一度2番をプッシュしたとすると追加融資の申し込みができるということになります。

不明点はオペレーターの呼び出しで解消

利用前や利用中に何か不明点が出てきた場合で、ホームページなどの情報で解決できない場合には、オペレーターを呼び出して説明を受けることができます。

ただし、申し込みの前の場合にはそれが申し込みにつながる可能性があるので24時間対応してくれますが、利用中の人の場合には、平日の営業時間内になる9時~18時までの対応ということになります。

オペレーターの対応というのは紳士的ですから、何かわからないというようなときはそれが大きな問題にならないうちに遠慮なく電話して、分からない部分を解消しておきましょう。
~申込む場合には事前に申込み手順を確認しておこう~
申し込みをする前の段階でコールセンターに電話して説明を受ける場合には説明に納得できれば申込みをその場でしてしまうことが可能です。

申し込みには手順や書類が必要だったりするので、納得出来たら申込まで行う予定の場合には、あらかじめそういったことについて確認し、必要なものは用意しておきましょう。

問い合わせを行う時に注意することとは?内容を整理しよう

もし問い合わせを行う必要が生じた時には、注意すべき点があります。

自分でも経験があると思いますが、相手の言っていることが理解しずらいことがあるはずです。何かわからないことがあると、イライラしてしまって話にまとまりがなくなるということはよくあることです。

しかし問い合わせが相手に通じなければ意味がありません。ですから、もし問い合わせを行うのであれば、まずは自分でもわかるように内容を整理して、相手に伝わるように整理して行うようにしましょう。

そして回答が分らない時は分かるまで質問を繰り返しましょう。問い合わせで遠慮する必要はありません。

相手に通じない問い合わせでは意味がない

誰かと話していて、話が通じないことを体験したことはないでしょうか、特にどちらかが急いでいるような場合、話にまとまりが無く、何が言いたいのかさっぱり伝わってこないことが時々あります。

レイクALSAに何らかの形で問い合わせをする場合にも、急いでいればいるほど、こういったことが起こってしまうことになり、せっかくオペレーターを呼び出したとしても話が伝わららず意味がなくなります。

オペレーターの方でもなんとか聞きたい事を聞き出そうと努力しますが、なかなか聞き出せない事もあり、どちらもイライラしてしまって、利用者の方がけんか腰になってしまうというような話すらあるのです。

まずは自分で内容を整理して順序立てて説明できるようにしておこう

そこでもし何かが分からないため説明を聞こうとして問い合わせをするのであれば、その機会を有効に利用するために、問い合わせる前にまずは自分で内容を整理しておきましょう。

大きな話であれば、できるだけ細かい単位に分けて、順序を整理してみることが大変重要です。

箇条書きでも良いので、どんな流れで何をするのか、まずは書き出してみましょう。

書き出したものは自分でよく読み返して、話がしっかり理解できるかどうかを確認してください。

自分にもわからないようなものは相手には絶対に通じません。話が苦手というような人は特にこうやってストーリーをしっかり考えておけば、安心して問い合わせることが可能になるはずです。

問い合わせ中は遠慮する必要はない

電話での問い合わせでは、相手の回答がよくわからない場合も出てきます。そういった場合、日本人に多いのですが、相手に遠慮してよく分かっていないのに分かったように振舞ってしまうことが有ります。

しかし、これでは問い合わせをした意味がありません。分からないことを解消するための問い合わせなのですから、相手の説明が分らなければ、どこが分からないから説明してくれとはっきり言って構いません。

オペレーターの方も相手の知識レベルが分かればそれに合わせて説明してくれるはずです。

オペレーターは金融のプロですが、問い合わせる方は素人ですから、知らないことは恥ではありません。分かるまで遠慮する必要などないのです。

~モンスター化してはいけない~
問い合わせを行う人の中には勘違いをしていて、問い合わせをクレームの場と考えている人がいます。

もちろんクレームを入れて改善個所を指摘するなら良いですが、クレームだけを延々と喚き散らす場合は相手の方はモンスターとしてしか見てくれません。双方が消耗するだけで得るものは無く時間の浪費です。

ここでレイクALSAへの問い合わせについて纏めておきます。

  • レイクALSAを利用する場合は疑問点の解消をしておくべき
  • ホームページなどの情報で解決しない時はレイクALSAに問い合わせる必要がある
  • コールセンターを利用すればオペレーターの説明を受けることが可能
  • 問い合わせをする場合は事前に内容を整理して相手に理解しやすいようにしておくことが重要

レイクALSAはかつてのレイクが紆余曲折の末、新たにできたカードローンで、まだまだ不備な点がある可能性があるので、問い合わせはレイクALSAにとっても助かるものですから、遠慮なく行いましょう。

閉じる
閉じる