レイクALSAの審査に通る人、落ちる人の違いとは

限度額の増額も可能!レイクALSAの魅力と増額時の注意点

レイクALSAが銀行系カードローンから消費者金融系カードローンに移行したことによって、借入限度額はどのように変わったのでしょうか。

そして、他の大手消費者金融のサービスと比較して、レイクALSAはどんなところが優れている商品なのでしょうか。

こちらのカテゴリーでは、レイクALSAの限度額についてと、借入額を増資したい場合に必要なことを簡単にまとめました。

利用限度額と利用可能額は違うことを知っておく

レイクALSAをはじめ、金融会社では利用限度額と利用可能額というものが別に設定されています。

まず利用限度額というのは、利用者が借入可能な上限額です。はじめはおよそ50万円程度です。

次に利用可能額というのは、実際に利用が可能な額となります。例えば、利用限度額が50万円でも、利用可能額が30万円の場合、実際に利用できる額は30万円となります。

レイクALSAの借入上限額はサービスによって異なる

レイクALSAでは2つの特徴的なサービスがあり、利用者はそこから選ぶことができます。ただし、2つのサービスの併用はできません。

①借入額5万円まで180日間無利息サービス

対象:初めての契約の方
無利息開始日:契約日の翌日
無利息期間中の返済日:あり
契約額:1万円~200万円
5万円超分または無利息期間終了後の貸付利率:12.0%~18.0%(年間)

こちらのサービスを利用する場合の借入上限額は200万円までとなります。

②借入額全額30日間無利息サービス

対象:初めての契約の方
無利息開始日:契約日の翌日
無利息期間中の返済日:あり
契約額:1万円~500万円
無利息期間終了後の貸付利率:4.5%~18.0%(年間)

こちらのサービスのでは、先程のものと比べると300万円分上限額が高くなります。

自分の家計状況や返済計画をしっかりと立てたうえで、有効に活用できる方を選択しましょう。

レイクALSAと大手消費者金融の限度額を比較してみる

  • プロミス:500万円
  • アコム :800万円
  • モビット:800万円

SMFGグループのSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスが500万円とレイクALSAの上限額と同様になります。

500万円以上の借り入れを希望の場合、レイクALSAは適しません。ただ、会社によってサービスも様々ですから、一概に「良い」「悪い」はいえません。

ご自身に適したサービスで無理のない借入を行ってください。

レイクALSAの限度額はこう決まる

レイクALSAの審査では、申し込み者の返済能力を総合的に判断します。初めての利用の場合は、先程の特典付きではありますが、信用という面では劣っているといえるでしょう。

したがって利用限度額は低めに設定されてしまう可能性が高くなります。

限度額が決定される情報

キャッシングやカードローンの利用履歴などの「信用情報」も判断材料となります。その他には以下のような判断材料がありますので、申し込み前にチェックしましょう。

  • 年齢
  • 勤務先
  • 勤続年数
  • 雇用形態
  • 年収
  • 家族構成
  • 持家or賃貸
  • 奨学金返済の有無
  • 他社への借入額 など

信用情報とこれらの情報を総合的に判断して、利用可能額が決定されます。

虚偽記載や虚偽申告は絶対にNG

先にあげたような情報によって利用可能額が決まるわけですが、どうしてもお金が必要なときは冷静な判断を欠いてしまうことがよくあります。

しかし、融資は信用によって成り立っているものです。ウソの申告は絶対にやめましょう。バレてしまったときの代償は計り知れませんし、契約も打ち切られてしまってもおかしくありません。

そのような人は、利用可能額が低くなるばかりか、審査自体に通過できません。

借入上限額の増額も可能

理由はさまざまあると思いますが、レイクALSAを利用中に借入額を増額してもらいたい場合はどのように申告すれば良いでしょうか。

レイクALSAでは増額可能時期を知らせてくれるサービスがある

他社との比較で、レイクALSAが優れている点といえるでしょう。増額を検討している場合の手続きの仕方や、どのくらい増額できるのか?という疑問に事前に答えてくれるのは、利用者にとって嬉しいことではないでしょうか。

増額が可能かどうか確認する

判断するのは新生フィナンシャルですから、まずは相談をしましょう。手続きに必要なことを教えてくれます。

  • 電話(フリーダイヤル:0120-09-09-09)
  • メール
  • 会員ページ
  • 提携先レイクATM・自動契約機

増額も信用がなければ無理なことです。返済が滞っていたり、信用情報に不信感をにおわすようなことが書かれてしまったりすれば、当然ですが審査には通りません。

やるべきことをしっかりとやってから相談しましょう。

用意しておくと良い証明書

増額申請を行うと、場合によっては証明書の提出を依頼されることがあります。所得が主な確認事項となる可能性が高いので、以下のような書類を揃えておくと良いでしょう。

  • 源泉徴収票
  • 所得課税証明書(市区町村発行)

増額をすることのメリット

利用可能額を増額するということは、その金額までは簡単に借入を行うことができるということです。

  • 利用可能額が増えて、生活の幅が広がる
  • 金利が下がる
  • 他社からの借り入れを行う必要性が減り、その分余計な利息が掛からない

以上が主なメリットです。まずは、借り入れが1社になる可能性が高くなることによって、負担も手間も減ります。

また、増額することによって金利は低くなる場合もあり、他社への利息も余計に掛からなくなります。

増額をすることによるデメリット

  • 返済計画を立てずに借りることによってリスクが高くなる
  • 再審査によっては限度額が下げられてしまう可能性がある

増額となれば、当たり前ですが返済金額は増えます。計画を立てたうえで借入をしないとかなりの高リスクになります。

返済が滞った場合は、信用情報にも影響を与えます。その際には住宅ローンや、自動車ローンも組むことは難しくなります。

また、契約時よりも信用が下がってしまった場合は、増額どころか借入額が下がってしまうこともあります。

レイクALSAは消費者金融に生まれ変わったことにより、総量規制(総借入額は年収の1/3まで)の対象となります。増額申請をすることによって総量規制に引っ掛かる場合、その申請は通りませんので注意してください。

増額審査に落ちてしまう人の特徴

  • 収入が下がった・収入に改善がみられない

増額した借金を返済するためには、収入が上がっていた方が良いのは理解できると思います。それだけ返済能力が高くなっているわけです。

  • 返済日に返済しきれていない

返済日に決まった金額を返済できなかった場合は、不信感を持たれます。1回くらい・・・という甘い考えはきっぱりと捨てましょう。やるべきことができない人に増額などしてくれません。

  • 虚偽記載や申し込みの際にミスが多過ぎる

先程も述べたように、収入などの虚偽申告は絶対NGです。信用が高くなることはなく、逆に低くなってしまいます。

申し込みの際もミスは避けましょう。審査不合格の直接的な要因にはならないかもしれませんが、人間性も審査基準です。ミスの多すぎる人は、「この人にお金を貸しても大丈夫かな・・・」というイメージを持たれかねません。

増額希望の際にやらなければならない基本

なにも増額に限ったことではありませんが、基本的なことはしっかりとおさえましょう。

初めて借り入れる際の利用可能額が低いのは当然です。あなたには実績がなく信用もありません。

増額をするのであれば、確実な返済はもとより、記入ミスや何度も聞いてしまうような事態は避けましょう。

信頼ができれば、融資の額も上げてくれる可能性はあります。有効的に活用してみてください。

おすすめ記事

個性的なコマーシャルでも話題になっている、レイクA...

多種多様なカードローン業界のなかで、新生フィナンシ...

近未来を彷彿とさせるTVCMにより「新しさ」を感じ...

金融商品として登場し、まだ間もない「レイクALSA...

閉じる
閉じる