レイクALSAの審査に通る人、落ちる人の違いとは

23:50に遅れたら?コンビニからのレイクALSA返済注意点

レイクALSAの返済方法は様々。時間帯を問わず、いつでも返済・借入できる提携ATMも非常に便利です。新生銀行レイクの提携ATMの他、コンビニエンスストアに設置されているATMからの返済、借入も手数料無料で使えます。

コンビニATMの魅力は、何と言っても銀行などのATMと違い、ほぼ24時間使えるということですよね。これなら返済日ギリギリでも大丈夫!

と思っても、実はちょっとした注意点があります。コンビニによってはATMが使えない時間帯が発生するのです。いざという時に困らないよう、各コンビニATMについて覚えておきましょう。

便利!コンビニの提携ATMで日本全国どこでも返済&借入OK

レイクALSAはATMを利用した返済、借入が可能です。今回は返済について重点的に見ていきましょう。

  • 提携銀行新生銀行レイクATM
  • 提携銀行(金融機関)ATM
  • コンビニエンスストア設置のATM

ATMと言うだけでも、この3種類、実際の数にすると数えきれないほどのATMが利用できることになります。

この中でも特に、営業時間が非常に長いコンビニATMは便利で人気の返済方法です。

提携しているコンビニATMをチェックしてみましょう。

  • セブン銀行ATM
  • ローソンATM
  • イーネットATM

コンビニでは、この3つのATMのいずれかを利用することができます。昔はATMがある店舗、ない店舗と分かれていたのですが、最近ではほとんどの店舗に設置されていると言っても過言ではないでしょう。

日常生活はもちろん、出張先、旅行先でも、便利にいつでも使うことができますね。

コンビニATMのメリットは?レイクALSA利用者なら絶対抑えよう

コンビニATMのメリットは、とにかく便利、そしてお得だと言うことです。便利なだけではなくお得なら、レイクALSAユーザーとしてはチェック必須の存在ではないでしょうか。

  • レイクALSA対応のコンビニATMは手数料無料、全額返済も可能
  • 遅い時間でも利用でき、ほぼ24時間稼働している

まず手数料無料というのは、かなり大きいメリットだと思いませんか?銀行振込では少なからず発生する手数料ですが、ATMでは必要ありません。全額返済可能なのも嬉しいところ。本来なら銀行や店舗へ行くことが多いですよね。

そして最大の魅力としては、とにかく遅い時間でも利用できるということ。地域や店舗にもよりますが、基本的にコンビニは24時間営業しています。その間ならいつでも返済、借入ができるわけです。

特に返済に利用する場合、「銀行窓口や銀行ATMでは翌営業日扱いになる時間帯でも、当日扱いで返済を完了することができる」という、非常に嬉しいメリットを受けることができるのです。

セブン銀行は要注意?23時50分を過ぎたらメンテナンス開始!

便利でお得なコンビニATM。しかし、セブン銀行を利用する時には少々気を付けておきたいこともあります。それは利用可能時間です。

24時間営業が基本のセブンイレブンですが、実はATMには利用できない時間帯が発生します。この時間帯に当たると、当然ですが借入も返済もできません。

セブンイレブンに設置されているセブン銀行ATMの利用可能時間は以下の通りです。曜日によって異なる点にご注意下さい。

曜日 ATM利用可能時間
月曜日 5時00分~23時50分
火曜日、水曜日 0時10分~23時50分
木曜日 1時30分~23時50分
金曜日、土曜日、日曜日 0時10分~23時50分

この時間帯がATMの利用可能時間帯となります。月曜日はメンテナンス時間が他の曜日よりも長く、およそ5時間強ほど利用できない時間が発生します。

そしてここで注意しておきたいのは、実は利用できない時間帯そのものより、「23時50分まで」という点なのです。

間に合うはずだったのに!23時50分を過ぎると振り込めない!

セブン銀行ATMのメンテナンス時間は、長い時で5時間強、短い時で20分程度となっています。借入の時であれば、それほど難儀しなくてよさそうな長さであることは確かです。

しかし、返済となると話は変わってきます。コンビニATMの利点は「他の金融機関では翌営業日扱いになる時間帯でも当日扱いになること」。このメリットがなくなってしまうことになりかねません。

セブン銀行ATMでは、23時50分までに入金を済ませないと、当然ですが当日中の振込として取り扱うことができなくなってしまうのです。

ぎりぎりの時間にセブンイレブンに辿り着いても、23時50分になった瞬間に当日中の返済が不可能になります。これがレイクALSAの返済をする時に、セブン銀行ATMで注意しておきたい最大のポイントと言えるでしょう。

間に合いそうもない時は?早めに行けない時には他の手段を

銀行の営業時間内に足を運ぶ暇がない、どうしても遅い時間帯にしか入金できない…となると、やはり他の手段を選ぶしかありません。考えられる方法は次の2種類です。

  • 他のコンビニのATMを利用する
  • web返済をする

次項で詳しくご紹介しますが、コンビニATMはセブンイレブンだけに設置されているわけではありません。他のコンビニATMを利用するという手段もあります。

また、レイクALSA対応のインターネットバンキングの口座を持っているのであれば、そちらから入金する「web返済」が可能です。

web返済は金融機関の営業時間外でも、リアルタイムで出金、入金が行えるため、遅い時間帯でも当日の日付で返済処理を済ませることが可能なのです。

  • 三井住友銀行
  • りそな銀行
  • 楽天銀行
  • ゆうちょ銀行
  • その他銀行、信用金庫、労働金庫、信用組合多数

メガバンクである三井住友銀行をはじめ、多くの銀行や信用金庫、労働金庫、信用組合でインターネットバンキング口座を開設することができます。開設までは時間がかかるため、前もって開設しておいた方が良いでしょう。

ローソンATMはいつもOK?深夜帯にメンテナンスあり!

他に有名なコンビニATMと言えば、ローソンATMが挙げられます。全国のローソンに設置されており、やはり営業時間帯に便利に利用することができます。

ローソンATMにもメンテナンス時間が存在します。公式サイトによると以下のようになっています。

  • 午前3時~午前4時の間で15分程度のメンテナンスを行う

確実に「この時間!」というわけではないものの、午前3時から4時の1時間の間に、メンテナンスを15分ほど行っているようです。

メンテナンス中は借入や返済ができませんが、日付に影響する時間帯ではないのである程度安心です。

ただ、その15分の間にどうしても利用したいという事情があれば、やはりインターネットバンキングを利用したり、他のコンビニATMを探す方が早いでしょう。

尚、この時間帯なら、月曜日以外はセブン銀行ATMのメンテナンスが完了しています。移動できる範囲にセブンイレブンがあれば、そちらを利用するのも良いですね。

ほぼ24時間OK!イーネットATMはスーパーでも可

セブン銀行やローソンATMのように、独自のATMを持つコンビニの他にも、他の全国規模のコンビニで導入されているのが「イーネットATM」です。こちらは企業にとらわれず、多数のコンビニ会社が参加しているATMとなります。

イーネットに参加し、レイクALSAに対応しているコンビニは以下の通りになります。

  • ファミリーマート
  • サークルKサンクス
  • デイリーヤマザキ
  • ポプラ
  • スリーエフ
  • セーブオン
  • セイコーマート

全国展開のコンビニはもちろん、地方で人気のあるコンビニもカバーしてるのがイーネットATMです。ご自宅近くに大手コンビニがない人でも、いずれかのコンビニはあるのではないでしょうか。

イーネットATMの魅力は、24時間利用が可能であるということ、全参加企業がレイクALSAで借入、返済、一括返済が可能であるということです。

メンテナンス時間が基本的に存在しないため、ほぼ確実に24時間利用できます。レイクALSAの借入や返済はもちろんですが、一括返済も他の大手コンビニATMと同様に対応している優秀なATMシステムです。

また、イーネットATMはコンビニだけではなく、一般のスーパーマーケットなどでも多く設置されています。夕飯のお買い物のついでにレイクALSAへの手続きを済ませれば、短時間で用事を終えることができそうですね。

緊急メンテ発生?イーネットで注意したいこと

基本的に24時間利用が可能なイーネットですが、全くメンテナンスをしないというわけではないようです。また、事情によっては使えない時間帯が発生する可能性がないとは言えません。

  • 不定期にメンテナンスが行われる可能性がある
  • 突発的なシステムトラブルの時は利用ができなくなる
  • 店舗の営業時間によっては利用できないことがある

セブン銀行ATMやローソンATMは、メンテナンスの時間を毎日設けていますが、イーネットは24時間利用できるということがセールスポイントです。とはいえ、不定期にメンテナンスを行う可能性も否定できません。

突発的なシステムトラブルがあればやはりメンテナンスは行われますし、場合によっては他のコンビニATMよりも長い時間、利用できないことになるかもしれないですよね。

また、設置店舗の営業時間によっては、やはり利用できない時間帯が発生します。これは避けられないことで、仕方がないと割り切るしかありません。

万一の事態に備え、やはりインターネットバンキング口座が利用できるよう、先に手続きをしておいた方が良さそうです。

全額以上の返済可!ローソンATM&イーネットは預かり金も発生する

ローソンATMとイーネットATMで返済する際に、頭の片隅に置いておいて欲しいのが「預り金」のことです。

【預かり金とは】

返済時、多めに入金してしまった余剰分の金額を、自動的に残りの元金に充てるシステム。元金が減るため、結果的に利息を安くすることができる。

毎月12,300円を返済しているとしましょう。ATMに13,000円を入金すると、700円が余りますよね。これはレイクALSA側が「預かり金」として、自動的に元金に充てておいてくれることになります。

元金が減れば利息も減ります。月々の返済額にも関わってくるでしょう。

預かり金は繰上げ返済や一括返済で生じやすいので、上手に利用していくと、結果的にお得な返済総額にすることができます。

余裕がある時にオススメのシステムです。

時間さえ守れば最強!手数料無料で使えるコンビニATM

セブン銀行ATMをはじめ、ローソンATM、イーネットATMは、メンテナンス時間以外は当日扱いで利用できる嬉しい存在です。返済だけではなく、借入や一括返済に対応しているのも助かりますよね。

セブン銀行ATM、ローソンATMでは毎日メンテナンス時間があるため、時間帯によっては利用ができなくなります。特に返済でセブン銀行ATMを利用したい時には、メンテナンスが始まる23時50分までに手続きを終えることが理想です。

使える時間帯がほぼ24時間、そして手数料無料のコンビニATM。忙しい現代人にはうってつけのサービスです。他の方法とも組み合わせて、ぜひ便利に使いこなして下さいね。

閉じる
閉じる