レイクALSAの審査に通る人、落ちる人の違いとは

レイクALSAで最速の増額方法は存在するのか

金融商品として登場し、まだ間もない「レイクALSA」。利用している方の中には、既に「限度額の増額」を希望している方もおられることでしょう。新時代をモットーに掲げている商品の増額に関し、革新的な方法はあるのでしょうか?

この記事では増額する際の方法や、注意点などを中心に説明していきます。一番のキーワードは「タイミング」と言えるでしょう。

大きな注意点!以前の「レイク」との最大の違いとは

一言に「レイク」と言っても、決して同じ商品というワケではありません。皆さんがよく耳にするこの言葉は、あくまでブランドなのです。金利などに大きな変更点はないように思えますが、実は大きく異なる部分があります。

アナタは理解できているか!?消費者金融系カードローンとは

以前は「新生銀行カードローンレイク」という商品でしたが、その名の通り銀行系カードローンの商品でした。そして今回新しくなった「レイクALSA」は、消費者金融系カードローンとなっています。

消費者金融系カードローンは「総量規制」という、貸金業法における規制に借入金額の上限が制限されます。これにより貸付金額の上限が、「年収の3分の1」までと定められます。

特に元々の収入が少ないパートやアルバイトの方は、大きく影響を受けるでしょう。そして消費者金融は、専業主婦の方など「収入が無い方」への貸付は原則行えません。

リニューアルではない!完全なる新商品と考える

同じ「レイクブランド」であるため、リニューアルをしたと勘違いしていまいがちです。しかし全くの別物であると考えることが自然であり、以前のレイクを利用していても新規契約が必要となります。

また別商品であるため同じ「レイクブランド」の利用であったとしても、多重債務となり様々な金融機関で共有される「信用情報」に影響を与える可能性があります。

信用情報とは:
クレジットカードやローンの契約時など
各機関が共有できる、個人の「お金に関する取引情報」
個人の「信用」を判断するための指標となる

レイクALSAの魅力とは!?新たな金融商品の基本情報

TVCMの「あ、新時代」とは、一体どうゆうことなのでしょうか?他の消費者金融と比較した場合、どういった部分に突出しているのかを解説していきます。

レイクALSAの基本スペック!他とは違うサービスも

まずは実質年利や借入上限金額といった、基本情報を確認しましょう。

レイクALSA 年利4.5%~18.0% 限度額500万円
アイフル 年利3.0%~18.0% 限度額800万円
アコム 年利3.0%~18.0% 限度額800万円
プロミス 年利4.5%~17.8% 限度額500万円
モビット 年利3.0%~18.0% 限度額800万円

表を見ていただくとわかる通り、年利や限度額に突出した部分はありません。しかし無利息期間において「レイクALSA」は一味違います!

いくつかの消費者金融で、「30日間無利息」というサービスは行われています。

「レイクALSA」はそれに加え「180日間5万円まで無利息」というサービスがあり、より幅広いニーズに対応していると言えます。

何が新時代なの!?即日融資の早さに秘密

「AI」というものを聞いたことがあるでしょうか?近年では音声認識での翻訳や、自動調理機器などに用いられている人工知能の技術です。この「AI」を金融機関にも導入することで、審査スピードや品質の向上につながっているのです。

実際「レイクALSA」は「AI」の導入により、20分以内の融資!なんてことも実現しています。

また借入から返済までの管理などを、全てスマホで行うことができます。5月には新システムの導入も発表されており、益々ハイテク化されていくことが予想されます。これぞまさに「新時代」という感じでしょうか。

レイクALSA側から増額の案内!確実にするためのタイミングとは

では問題の増額について、説明していきます。大きく二つの方法に分けるとすれば、「自分から申請をする」か「案内が来るのを待つ」の二つです。もちろん案内が来た方が増額につながる可能性が高いですが、確実ではないので注意する必要があります。

増額したいなら実績が必要!審査に通るための方法

増額を考えている場合、必要になるのが実績です。契約後すぐに増額できることは、ほとんどありません。条件としては以下のことがあげられます。

  • 契約後キャッシングを利用している
  • 借入から返済までトラブル無し
  • 契約後最低でも半年以上が経過している

増額には上記項目をクリアしている必要があり、逆に言うとクリアをしていれば「増額の案内」が来る可能性があります。定期的にリストアップされる「優良債務者」に候補があがれば、ネットの会員ページに増額の案内が届きます。

案内には増額できる金額も提示されているのですが、10万円程に収まるケースが多いので一気に増やせる可能性は低いでしょう。

増額を実現させるには、計画的にしっかりと継続利用することが「唯一の方法」と言えます。

審査を通すタイミング!増額は焦らないが基本

増額の案内が来たからといって、安心してはいけません。なぜなら信用情報の確認などの審査は、まだ行われてはいないからです。業者側は顧客に案内を送り、希望された場合にのみ信用情報の確認を行えます。

増額を希望する際以下の事項に該当していた場合、案内が来ていても審査に通らない可能性があります。

  • 他社から借入がある
  • クレジットカードや携帯料金の支払い不備
  • 転勤・転職・減給など労働状況の変化
  • 引越・結婚・出産など生活状況の変化

「レイクALSA」側と問題なく取引を続けていたとしても、情報を調べた際にあらゆることがマイナスに働くことがあります。契約時と状況が変わっている場合、その都度「登録情報の変更」を行うことで「信用」につながり増額のチャンスが広がります。

ここでも会員ページを使って、簡単に「登録情報の変更」が行えます。

多重債務は増額の可能性を低くするほか、色んな支払いの滞りが影響を与えます。思い当たる場合は身の回りを整理し、半年程期間を空けてからの申請がベストでしょう。

アナタ自身が、アナタに対してなら増額しても良い!と思えるタイミングを見極めてください。

近い将来のリスクを回避!増額の申請は慎重に

増額の案内が来ていない場合は、自ら担当者に電話をして申請する必要があります。どうしてもやむを得ない、という状況もあるかもしれません。それでも増額の審査に通らなかった場合のリスクなどを、考えていきましょう。

新規契約より厳しめ!断られた場合の影響

よくブラックリストと言われるものがありますが、これは要するに「信用情報」です。そしてローンの契約や取引以外に、申請や依頼といったものも情報として登録されます。

増額の申請を断られた場合も同じで、その記録が個人の「信用情報」に残ります。これは往々にして、マイナスの情報と言えます。

一生ついて回るものではないですが、一年以内の近い将来に影響を与える可能性があります。そういったリスクを考慮した上で、初めて増額の申請を行いましょう。限度額が増えて幅が広がることは便利ですが、簡単に考えすぎないよう心がけてください。

また断られた場合、「限度額の引き下げ」や「追加での借入が不可」となる可能性もあるので注意しましょう。

申請に必要なものは?まとめと注意点

増額の申請をする際、「収入証明書」が必要になることがあるので準備しておきましょう。「給与明細書」であれば直近3ヶ月程度のもの、もしくは役所で「課税証明書」を発行してもらいましょう。

万が一必要書類の提出を求められているのに拒否した場合、審査に通ることはないので注意しましょう。

以下まとめです。

  • 「レイクALSA」と「新生銀行カードローンレイク」は別物である
  • 融資の早さや管理のハイテクさが「新時代」
  • 増額については同業他社と変わりはない
  • 計画的な取引を継続し、タイミングを待つことが大切

増額に関して確実な方法は、どの業者でも同じですがやはり「待つこと」です。アナタ自身の「新時代」のために、確実なタイミングを見つけましょう。

閉じる
閉じる