レイクALSAの審査に通る人、落ちる人の違いとは

レイクALSAの利息計算、無利息サービス終わったらどうなる?

新生銀行カードローン レイクが2018年4月から、新生フィナンシャルの「レイクALSA(アルサ)」に生まれ変わりました。

生まれ変わったことによって、新生銀行カードローン レイクと何が変わったのかが気になるところではないでしょうか。

「申し込み方法は変わったの?」「利息の計算をしてみたいけど、実際どのくらいになるの?」「新しくなったことによって審査基準も変わったの?」このような疑問を簡単にまとめて解説していきます。

レイクALSAの特徴

新生フィナンシャルのホームページにも大々的に掲載されていますが、レイクALSAのサービスの特徴には以下の3つがあります。

審査がとにかくスピーディーで即日融資も可能

2018年1月から、銀行系カードローンは一斉に即日審査と即日融資を取りやめることとなりました。理由としては、審査から融資までに重要視してきた早さが裏目に出てしまい、反社会的勢力へまで融資を行ってしまったことが背景にあります。

今日中になんとかお金がほしいという方にとって、銀行系カードローンの使い勝手は実に悪くなってしまいました。新生銀行カードローン レイクでの即日審査、即日融資も同様に難しくなっていたのです。

しかし、レイクALSAの母体は新生フィナンシャルです。

銀行系から消費者金融系へとサービスが移行することによって、規制を受けずに即日融資が可能となったわけです。

即日融資を希望する場合は、平日14時までの申し込みと本人確認書類の確認の完了が条件となってきますので、ご注意ください。

申し込み時にカードレス契約ができる

レイクALSAの申し込みはWebで可能です。ここは従来のサービスと変更はありませんので、ご安心ください。

バージョンアップしたのは「カードレス契約」というものです。申し込みの際に「Webで契約(郵送なし)」を選択すれば、ローンカードなしでサービスを受けられます。

  • 紛失のリスクからカードを持ち歩くのが嫌いな方
  • 家族などにローンカードを見られたくない方

このような方には大変ありがたいサービスではないでしょうか。万が一カードが必要になった場合でも後日からでもカードの発行は可能です。

銀行系ではなくなったことによって総量規制の対象になる

総量規制とは、申し込み者の借り入れ限度額が原則として年収の1/3までとするものです。返済能力を超えた借り入れを防ぐための仕組みとなります。

この総量規制の対象は消費者金融であって、銀行に関しては総量規制の対象から外れていました。

レイクALSAも銀行系ローンから消費者金融系ローンに変わったことのよって、この総量規制の対象となってきます。

レイクALSAなら180日間の利息が5万円分だけはかからない

金融機関のサービスでよくある「無利息期間」ですが、レイクALSAにもそのようなサービスがあります。ただし以下のような条件があります。

  • 契約が初めてである
  • 借入額が1~200万円の範囲内である

借入額の5万円分の利息が180日間はかからないというものですが、もちろん5万円以上の借り入れもOKです。さらに無利息期間中に限って、何度利用しても5万円までは無利息となります。

少額を短期で借りたい場合には、かなり有意義なサービスではないでしょうか。

では実際に利息のシミュレーションをしてみます。

例えば、レイクALSAで180日間無利息のサービスで10万円借り入れた場合をみていきます。金利は18%で借り入れ日数を1カ月30日として計算します。

利息=借入額×利息(18.0%)÷365×30(経過日数)

10万円のうち5万円は無利息ですので、5万円を引いた残りの5万円を基に計算することになります。

50,000×0.18÷365×30=739.72

仮に1カ月で完済できるとすれば、金利は739円となります。借入期間が延びれば利息もそれにともなって付いてきます。

180日間無利息サービスの概要

  • 対象:初めての契約の方
  • 無利息開始日:契約日の翌日
  • 無利息期間中の返済:あり
  • 契約額:1~200万円
  • 5万円超分または無利息期間終了後の実質年率:12.0%~18.0%

レイクALSAなら借入額の全額30日間の利息なし

レイクALSAのもうひとつの無利息期間サービスです。こちらも条件は以下となります。

  • 契約が初めてである
  • 借入額が1万円~500万円である

こちらも、短期で計画的な返済が可能な方であれば便利なサービスですね。

このサービスを使って金利18.0%で10万円を借り入れた場合の計算は以下のとおりとなります。

100,000×0.18÷365×30(無利息期間)=1,479

実質年率18.0%で借り入れた場合と比較すれば、1,479円お得になるということです。借入金額が大きくなればなるほど、利息も大きな金額となります。

どちらのサービスも契約日の翌日から無利息期間となります。借り入れ日ではないことに注意が必要です。

30日間無利息サービスの概要

  • 対象:初めての契約の方
  • 無利息開始日:契約日の翌日
  • 無利息期間中の返済:あり
  • 契約額:1~500万円
  • 無利息期間終了後の実質年率:4.5%~18.0%

ATMの利用手数料が無料

借り入れや返済の際に大変便利なのがATMです。レイクALSAなら借り入れも返済も近くのコンビニATMでも済ますことができます。しかも何度利用しても、いつ利用しても手数料が無料というATMがある点も大変便利です。

セブン銀行
ローソンATM
提携先の新生銀行レイクATM

上記のものは代表的なATMの一例です。

提携先ATMによって利用時間や手数料などの詳細は異なりますので、よくホームページなどで調べてから利用しましょう。

新生銀行カードローン レイクの金利がそのまま適用される

気になる金利についてですが、今のところ実質年率4.5%~18.0%となっており、金利は以前のサービスをそのまま引き継がれることになっています。生まれ変わったからといって、金利が高くなったとか、安くなって借りやすくなったとかはありません。

今までにないハイテクなサービスを導入予定

レイクALSAが消費者金融となって変わった点には、人工知能(AI)を使ったスコアリング審査とスマホで決済可能な「スマホキャッシング」の機能を導入予定ということです。

ただ、詳細は今のところ不明ですが、カードレス契約もあるようにスマホで決済ができる仕組みは整っていそうです。

審査においては人口知能を使って行うからといって、信用情報の照会や申し込み者の属性を総合的に判断して審査をすることに関しては変わることはないと思います。

ですので、モノやサービスを購入する際の延滞等は当然なくさなければなりません。

専業主婦(主夫)はレイクALSAを利用できない

先程述べた「総量規制」の対象になったことによって、収入のない方は利用ができません。

収入がないわけですから、1/3に0を掛けても0にしかならないためです。返済能力がないと判断され、残念ながら、一般的な消費者金融と同様にレイクALSAも利用が不可となります。

また過去に金融事故を起こしたことのある方も同様に、レイクALSAに関わらず、金融会社からの融資は不可となります。審査が甘くなるというようなことは絶対にありません。

利用不可となる対象

  • 専業主婦(主夫)
  • 収入のない学生
  • 無職の方
  • 過去に金融事故を起こしたことがある方

計画的な返済でレイクALSAを活用しよう

レイクALSAは今後、先進的な技術を取り入れていくと予想できます。利用者にとってもメリットが増えてくる可能性は大きいです。

しかし、返済能力や返済計画を考えずに借り入れてしまった場合、返済に困るのはあなた自身です。返済が滞った場合は、新たなサービスが始まっても借り入れをすることができなくなる可能性が高くなります。

少しずつ返済できるように、また借り入れによって生活に潤いをもたらすことができるようにレイクALSAを活用してみてください。

閉じる
閉じる