レイクALSAの審査に通る人、落ちる人の違いとは

2種類の無利息期間サービスを知ってレイクALSAを活用しよう

若年層をターゲットに生まれ変わった、レイクALSA。以前の新生銀行カードローン レイクと比較して利息はどのように変わったのかが気になる人も多いかと思います。

銀行系カードローンから消費者金融系カードローンに変わったことによって金利は変わるのでしょうか?

こちらのカテゴリーでは、レイクALSAを利用するにあたっての金利についてと他の金融会社と比べてお得なサービスについてご紹介します。

レイクALSAを知って、是非活用してみてください。

銀行系カードローンと消費者金融系カードローンの金利の違い

銀行系カードローンから変貌を遂げたレイクALSAですが、銀行系カードローンの利息に比べて、消費者金融系カードローンの利息は比較的高い設定となっています。

銀行系カードローンが金利を低く設定して融資ができる理由は、債権者がローンを返済できなくなってしまったときに、債権者に代わって保証会社が代位弁済をしてくれるからです。

しかし消費者金融会社には保証会社はつきません。貸し倒れのリスクを考慮し、比較的高い金利の設定となっています。

  • レイクALSA:4.5%~18.0%
  • アコム:3.0%~18.0%
  • プロミス:4.5%~17.8%
  • SMBCモビット:3.0%~18.0%
  • 三菱UFJ銀行カードローン:1.8%~14.6%
  • セブン銀行カードローン:15%
  • みずほ銀行カードローン:2.0%~14.0%

※いずれも年間利率

セブン銀行は一定の金利となりますが、他は幅があります。レイクALSAの金利は、他の大手金融機関と比べて、比較的高めに設定されているといえます。

借入金が多ければ利息も低くなる

比較的に金利が高めに設定されているレイクALSAですが、条件を満たす場合は金利が低くなります。その条件をみてみましょう。

利息制限法という仕組みを知っておく

利息制限法とは、金融機関が利用者に融資するときに金利に制限をかけるというものです。これは法律ですから、正規の金融機関であれば必ず守ります。

以下の表は、借入額と利息制限法に則った上限利息です。

10万円未満:20.0%
10万円以上100万円未満:18.0%
100万円以上:15.0%
※いずれも年間利率

仮にレイクALSAで100万円を借り入れた場合、金利も最大で15%に抑えることができます。

ですから、この利息制限法に則れば、借入金額が高くなればなるほど金利というものは低くなっていくということになります。

しかし、はじめて借りる場合の利用可能額は50万円が多いので、年収が桁外れに多い場合を除き、はじめから100万円を借りることは難しいといえます。

遅延した場合の利息制限法の上限金額もある

あってはならないことですが、万が一返済に遅延が生じてしまった場合、遅延損害金が請求されることがあります。

10万円未満:29.2%まで
10万円以上100万円未満:26.28%まで
100万円以上:21.9%まで
※いずれも年間利率

上記の利率はあくまでも利息上限法に則った利率です。貸金業者から請求される上限金利は20%となります。

しかし、先程も述べたように融資は信頼で成り立っていますので、遅延した場合には信用情報という利用者の詳細なデータに傷を付けることになります。

後々、ローンが組めなくなる、あるいはクレジットカードが発行できなくなるなどの大変な思いをするのはあなた自身です。返済はコツコツ確実に行いましょう。

レイクALSAならでは!はじめて借りる場合のお得なプラン

大手金融機関の近年の傾向として、借入金に対して「無利息期間」のサービスを取り入れているところが多くなってきました。

レイクALSAも例外ではなく無利息期間サービスがありますが、特徴的なことは「2つの無利息期間サービス」から、自分の都合に合わせて選択ができるという点にあります。

①借入額のうち5万円までは180日間無利息

対象:初めての契約の方
無利息開始日:契約日の翌日
無利息期間中の返済日:あり
契約額:1万円~200万円
5万円超分または無利息期間終了後の貸付利率:12.0%~18.0%(年間)

②借入額の全額を30日間無利息

対象:初めての契約の方
無利息開始日:契約日の翌日
無利息期間中の返済日:あり
契約額:1万円~500万円
無利息期間終了後の貸付利率:4.5%~18.0%(年間)

ただし、2つのサービスの併用は不可となりますのでご注意ください。

金利がないだけでこれだけお得になる

「金利ってどれだけ影響があるの?」「たった5万円だけでしょ?」と思うかもしれません。

それでは実際に金利がどれだけ影響するか知るために、計算をしてみましょう。仮に10万円を30日間借入し、年間18.0%の金利が掛かるとします。

借入額×年間利率÷365×借入日数=利息

①の5万円分が180日間無利息サービスの場合、利息が掛かってくるのが、残りの5万円になりますので、上記の式に当てはめると利息は以下のようになります。

50,000×0.18÷365×30=739.7・・・

およそ739円の利息が掛かります。この計算では30日で返済した場合の利息になります。60日、90日、180日と返済が延びた際には、借入残高にその分利率が掛かりますので、739円というわけにはいきません。

②の全額が30日間無利息サービスも同じようにみていきます。

100,000×0.18÷365×30=1,479・・・

およそ1,479円が無利息となります。たかが1,479円ですが、ランチ何回分でしょうか?・・・

それでは、今回のケースではどちらがお得なサービスといえるかですが、30日間で返済可能であれば30日間の無利息期間サービスを選択した方がお得となります。

こちらも30日を過ぎてしまえば利息が掛かってきますので、どちらにしても早期の返済が一番お得ということは頭に入れておいてください。

無利息期間サービスを上手に活用することによって、銀行系カードローンのような低金利の商品より魅力的にお金を借りることができますし、家計への負担も少なくて済むようになります。

レイクALSAなら、ATM返済手数料も掛からない

カードローンにおいて金利はなるべく掛からない方が良いのは当然ですが、返済の手数料も掛からない方が良いに決まっています。

レイクALSAでは、提携先のATMからの返済に手数料が掛からないというメリットがあります。

しかも、いつでも何度利用しても手数料が掛かりません。

提携先ATMもセブン銀行やローソンATMなどの大手コンビニや、提携先の新生銀行レイクATMでも返済が可能です。

ただし、一括返済は時間帯によって不可であったり、手数料が掛かってしまったりするATMもありますので、事前に利用を予定しているATMはチェックが必要となりますので、ご注意ください。

また、レイクALSAは2018年の4月から始まった新しいサービスですので、情報が更新される可能性は高いです。最新情報を得てから利用するのがベストです。

専業主婦はレイクALSAを利用することはできない

ご自身の生活状況から無利息期間サービスを選ぶことによって、生活を豊かにしてくれるレイクALSAではありますが、残念ながら専業主婦などの収入がない方の利用はできません。

レイクALSAは消費者金融系のカードローンです。消費者金融会社から借り入れを行う場合は「総量規制」という規則があります。

借入額は原則として収入の1/3までと規定されています。専業主婦には収入がありませんので、1/3を掛けようがないのです。

専業主婦の方は総量規制の対象外である銀行系のカードローンであれば借入をすることができる可能性がありますので、そちらを利用してください。

金利のことも含めて、計画的な借り入れをしましょう

ローンには金利が付きものです。簡単な計算方法も、こちらのカテゴリーでは扱いました。ご自身の月の収入や支出をしっかりと考えたうえで利用しましょう。

おすすめ記事

【新生銀行カードローンレイク】から転身し、消費者金...

【新生銀行カードローンレイク】は、この春、レイクA...

新生銀行カードローン レイクが2018年4月から、...

閉じる
閉じる