レイクALSAの審査に通る人、落ちる人の違いとは

どっちがお得?レイクALSAとノーローンの徹底比較調査!

キャッシングブランドのレイクALSAとノーローン、キャッシングを気にする人なら、きっとどちらも聞いたことがありますよね。どちらも利用者にとってメリットが多々あり、キャッシングの時には選択肢に入ることが多いブランドです。

どちらで借りる?となると、やはり自分にとってのメリットが多い方を選びたいものです。レイクALSAとノーローンの特徴はそれぞれどのようになっているのでしょうか。

特徴やメリット、そしてデメリットなど、スムーズな借入のためには事前チェックが必要です。

知っておこう!レイクALSAとノーローンは同じグループ

レイクALSAとノーローンは、「新生フィナンシャルおよび新生銀行グループ各社」という、大きなグループの中に存在するキャッシングブランドです。同じグループ内にあるため、同一企業なのかと迷うかもしれません。

レイクALSAとノーローンは確かに同じグループ内のブランドではありますが、以下のような違いがあります。

  • レイクALSAは新生フィナンシャルに属する
  • ノーローンは新生パーソナルローンに属する
大きなグループの中であっても、それぞれのブランドを運営する企業は異なっているため、同一企業ではありません。全く別の会社、キャッシングブランドだと考えて差し支えないでしょう。

元々レイクALSAもノーローンも、新生フィナンシャルや新生パーソナルローンに最初から属していたわけではなく、他の企業と合併や吸収などを繰り返し、2018年8月現在、今のような形態になったのです。

スペック比較!利率、無利息期間、限度額など要チェック

レイクALSA、ノーローンは、キャッシングという同じサービスを提供していますが、内容はやはりそれぞれの特徴があります。違いを比較してみましょう。

項目/ブランド レイクALSA ノーローン
利率 4.5%~18.0% 4.9%~18.0%
利用限度額 500万円 300万円
無利息期間 ※初めての利用時のみ※
5万円まで:180日間
全額:30日間
※何度でも適用可能※
1週間

キャッシング利用者の多くの人がおそらく気にするであろう、利率や限度額、無利息期間を比較してみると、このような特徴が見られます。

利率はレイクALSAが4.5%~18.0%、ノーローンが4.9%~18.0%です。レイクALSAの方が最低利率が低く、該当の利率が適用される条件を満たした人は、レイクALSAの方がお得かもしれません。利用限度額も差が見えますね。

しかし、無利息期間の存在も考えてみると、一概に「利率が低いからレイクALSA!」と断言できるわけでもなさそうです。

レイクALSAでは無利息期間が長く、利用する金額や利用者の希望によって30日間、180日間を選ぶことができますが、これは初回の利用時のみに限定されています。

対してノーローンは、「何度借りてもそのたびに一週間は無利息期間」という、短期で返済する人であれば見逃せないサービスを提供しているのです。

どちらが良い!と決めるよりは、「自分の条件に合った方のブランドがベスト」だと考えておきましょう。借入額、返済計画で変わってくるはずです。

月々の返済はは?どちらも財布に優しい返済可能!

次に気になるのは返済計画です。毎月の返済額が最低でもこれくらい、と分かっていれば、スムーズな返済が限りなく可能になるでしょう。

ブランド 返済方法
レイクALSA 残高スライドリボルビング方式
元利定額リボルビング方式
一括返済
ノーローン 借入金額スライドリボルビング方式
分割返済
一括返済

基本的に、レイクALSAもノーローンもリボ払いでの返済を提供しています。残高スライドリボ、借入金額スライドリボは、名前は違いますが内容は同様となっている返済方法です。また、一括返済も共通項です。

レイクALSAとノーローンの返済の大きな違いは、元利定額リボと分割返済にあると言えるでしょう。

  • レイクALSAの元利定額リボは最初から返済回数が決まっている
  • ノーローンの分割返済は利用者が分割回数を決められる

キャッシングと言うとリボ払いが有名ですし、主流の返済方法ですよね。借入ごとに返済額などを決めなくても良く、借入額に関わらず定額を支払えば良いため、愛用者も多い方法です。

分割返済ができるキャッシングブランドはあまりなく、ノーローンは珍しい存在だと言えます。

分割返済はリボ払いと違い、返済回数を借入ごとに自分で決定し、回数に応じた金額を返済していくことになります。

どちらもメリットがあり、人によってはデメリットもあるかもしれません。返済方法は借入の前に必ず決定し、できる限り細かい返済計画を立てておきたいものですね。

レイクALSAのメリットは?現代人のライフスタイルにマッチ!

今度はそれぞれのメリットを見ていきましょう。まずはレイクALSAのメリットと考えられるポイントをチェックしてみます。

  • 24時間借入が可能
  • スピード審査対応、時間帯によっては即日融資も可能
  • オリジナルアプリを利用すればカードレスで借入・返済ができる

レイクALSAでは、基本的に24時間借入が可能です。既に審査を終えている人であれば、インターネットバンキングを利用して即時振込を受けることができます。

ただ、日にちや時間帯によっては1時間、あるいは15分ほど借入申し込みができないこともあります。

曜日 借入可能時間
月曜日 1時~24時
火曜日~日曜日 0時15分~24時

借入ができる時間帯はこのようになっています。いずれも短時間ですので、よほどの緊急事態でもない限り、あまり気にすることはないかもしれませんが、月曜日だけは1時間という長めの時間になることに注意が必要です。

正確性は折り紙付き!仮審査なら10秒で終わることもある

レイクALSAの特徴として、審査が非常にスピーディであることが挙げられます。一般的にキャッシングブランドでは、仮審査、本審査がありますが、いずれもそれなりの時間を要します。

しかしレイクALSAなら、仮審査の場合であれば、わずか10秒程度で結果が分かることもあるほどの驚異のスピード性です。

  • 仮審査のスピードが非常に速い
  • 仮審査はAIシステムを採用している

これは仮審査が適当なのではなく、レイクALSAではAIによる仮審査システムを採用しているからこその速さなのです。

多くのキャッシングブランドでは、様々な項目をチェックし、点数化していくスコアリングシステムを採用しています。このスコアリングで不備があれば審査に通過できませんが、これはやや時間を要する方法です。

AIによる仮審査システムであれば、スコアリングの点数計算をする手間が省けます。

仮審査が早ければ、本審査へ進むタイムラグが短くて済むため、結果としてスピード融資に繋がりますね。

オリジナルアプリ「e-アルサ」でカードレスを実現

レイクALSAではスマートフォンに向けたオリジナルアプリ「e-アルサ」を提供しています。借入や返済にはカードがつきものですが、このe-アルサを活用することにより、カードレスでのキャッシングが実現しました。

  • 20時までにアプリから申し込み手続きを終えれば契約・即日融資可能
  • セブンイレブンのATMをカードレスで利用でき、借入・返済共に可能

e-アルサからは初めての契約申し込みも可能です。必要な書類を写真に撮り、所定の手続きで送付すれば、そのまま審査を開始してもらえます。20時までに審査が完了すれば当日の借入も実現できます。急ぎの時にはぴったりです。

また、セブンイレブン(セブン銀行)のATMなら、キャッシング用のカードなしで利用することができます。画面に表示された手順に従ってATMを操作するだけで、借入も返済も済ませることができるのです。

カードを持ち歩く必要がなく、場合によってはお財布を忘れても、スマートフォンさえあればキャッシングができるということは、忙しい現代人にはかなり魅力なのではないでしょうか。

ノーローンは何度でも無利息期間あり!楽天ポイントも貯まる!

ノーローンにも多くの魅力がありますが、中でも人気を集めている理由をチェックしてみましょう。

  • 「なんどでも1週間無利息」サービス提供
  • 利息の返済でポイントが獲得できる
  • リアルタイム対応口座を持っていれば24時間借入が可能

何よりも注目したいのは、「なんどでも1週間無利息」という名称の無利息期間サービスです。無利息期間サービスを提供しているキャッシングブランドは多いのですが、ノーローンは独自の魅力を持っています。

項目 内容
無利息期間 借入の翌日から1週間
利息発生日 借入の翌日から8日後
特徴 完済の翌月以降の借入も無利息期間適用
※前回以前の借入の完済必須

他のブランドと比べると、無利息期間は1週間と短いのですが、ノーローンは「何度でも無利息期間サービスを利用できる」という特徴があります。

他のブランドでは初回限りであることが多いため、この違いは歴然ですね。

ただ、無条件で利用できるわけではありません。前回を含め、過去のノーローンからの借入を全て完済していることが条件となります。返済しやすい金額を借り、計画的に完済できる人なら上手に使いこなせそうですね。

種類が選べる!利息返済で毎月ポイントが貯まる

ノーローンはポイントサービスを実施しています。返済時に発生する利息の額に応じ、現金として利用できるポイントが獲得できるのです。

  • 返済ごとの利息金額に応じてポイントがもらえる
  • ポイントは現金同様に対応店舗、サービスで利用できる

獲得できるポイントは、ノーローン独自のポイントではありません。以下の3つの中から自由に選ぶことができます。

  • 楽天スーパーポイント
  • ネットマイル
  • Gポイント

無利息期間サービス以外は利息が必ず発生しますので、獲得できるチャンスはかなりありそうですね。ただ、利息の最低支払い額がそれぞれのポイントサービスで決まっているため、場合によっては獲得ができません。

とはいえ、憂鬱になりがちな利息が有名ポイントとして一部返ってくるこのサービスは、ノーローン利用者ならやはり嬉しいものだと言えるでしょう。

いつでもどこでも!リアルタイム対応口座で24時間利用可能!

レイクALSA同様、ノーローンでも24時間の借入や返済が可能です。レイクALSAと違う点は、専用アプリで特定ATMを利用できないということでしょうか。ノーローンで24時間利用は以下のような特徴があります。

  • リアルタイム対応口座の開設・登録が必要
  • 夜間や休日でも手数料が無料
  • 借入と返済で対応銀行が異なることに注意

ノーローンで24時間の利用をするには、リアルタイム対応口座の開設と登録が必要です。ノーローンが指定するインターネットバンキングの口座のことです。ただ、借入と返済では取り扱い銀行が違う点に注意して下さい。

  リアルタイム対応口座
借入 楽天銀行
返済 楽天銀行、三井住友銀行、りそな銀行、ゆうちょ銀行

リアルタイムで24時間借入ができるのは、楽天銀行の口座だけです。返済は楽天銀行の他、三井住友銀行、りそな銀行、ゆうちょ銀行のインターネットバンキング口座で利用することができます。

口座開設が面倒…と思っても、解説してしまえば、いつでもどこでもキャッシングを利用できます。夜間や休日でも手数料が無料という、小さいながらも絶対に嬉しいサービスも見逃せませんね。

審査の結果は共有されない!レイクALSAとノーローンは別法人!

レイクALSAとノーローンは、大きな同一のグループの中に属する法人企業です。となると、こんな心配をする人がいるかもしれません。

  • レイクALSAとノーローンの審査内容や結果が共有されているのでは?

確かに、審査の効率などを予想してみると、共有されている可能性があるかも…と思うのは仕方ありません。

結論から言ってしまうと、レイクALSAとノーローンの間では、審査の内容や結果が共有されることは決してありません。

レイクALSAとノーローンは確かに同グループ内ですが、経営しているのは別々の法人企業となっています。いわば別会社です。審査内容や結果を共有する必要性はありませんので、心配することは全くないと言えるでしょう。

レイクALSAとノーローンで両方借りたい!多重申し込みに要注意

「審査内容や結果が共有されないなら、もしかすると2社の両方で同時に借りられるかも…!」と考える人もいるのではないでしょうか。無利息期間を同時に使ったり、多めに借りたい時にはついつい考えがちかもしれませんね。

ところが、これはあまり良い考え方ではありません。レイクALSAとノーローンは確かに情報共有を行っていませんが、キャッシングブランドが必ず関わらなければいけない信用情報機関の存在があるのです。

  • キャッシング等の貸金業では利用者の情報を信用情報機関に登録する
  • 貸金業法という法律で決められているので例外はない
  • 正規の貸金業者は信用情報機関の情報を閲覧できる

キャッシングやカードローン、ショッピングローンといった、いわゆる貸金業では、貸金業法という法律を遵守する必要があります。貸金業法では、利用者(申込者)の情報を信用情報機関に登録する義務が課せられています。

  • 申し込んだ商品名、内容、審査結果
  • キャッシングブランドに提出した個人情報

こういった情報が登録される上に、貸金業者は自由に情報を閲覧できます。つまり、自社の申込者のデータを調べることができるというわけです。

レイクALSAとノーローンを同時に申し込んだ場合、ネックとなってくるのが「多重申し込みの扱いになってしまう可能性が高い」ということです。

多重申し込みは危険!審査に落ちる可能性が高い行為

多重申し込みとは、同時、あるいは近い期間に複数のキャッシングやカードローンの申し込みをすることです。また審査前の状態ですが、これはキャッシングブランド側には非常に嫌われる行為だと覚えておきましょう。

  • お金に非常に困っているのではないかと思われる
  • 返済能力が疑われる
  • 多重債務はキャッシングブランドにとっても好ましくない

お金に困り過ぎていると、借りられるだけ借りたいという焦りで、複数の会社に申し込みたくなるかもしれませんが、返済が追い付くかどうかという疑問を持たれがちです。つまり返済能力を信用してもらえなくなるのです。

また、複数の会社から借りるということは、多重債務の状態となるため、やはり返済能力が疑われることになります。このような理由から、同時申し込みは審査に通らなくなる可能性が高くなると言われています。

レイクALSAとノーローンも同様で、貸し倒れは損失になりますし、多重債務者を増やしたいわけでもありません。同時期に申し込んだことが審査の段階で分かれば、審査に通過できないことが考えられます。

多重申し込みが原因で審査に落ちた場合、その記録も信用情報機関に残ります。半年ほど情報が保管されますので、その間はどこで借りようとしても審査が不利になるでしょう。

どうしてもレイクALSAとノーローン、あるいは他の会社からも借りたいという人は、一つずつ申し込みをし、期間を空けて次の申し込みをする、という形にした方が良いと考えられます。とはいえ、多重債務には重々ご注意下さいね。

あなたにとってのメリットは?選ぶ時には一番大事

レイクALSAとノーローンは、同じグループ内とはいえ、全く違う法人企業です。それぞれに特徴があり、メリットやデメリット、利便性に違いがあることが分かります。

どちらを選ぶにしても、一番に優先したいのは、借りるあなた自身がどんな点にメリットを感じるか、デメリットに対応できるか、ということでしょう。迷った時には直接問い合わせをしてみても良いかもしれません。

キャッシングブランドが多い世の中ですが、レイクALSAとノーローンは使い勝手が良く、計画的な利用がしやすいブランドです。便利にスマートに使いこなしていきたいですね。

閉じる
閉じる