レイクALSAの審査に通る人、落ちる人の違いとは

レイクALSAでらくらくリボ返済!早く完済するためのコツ

カードローンは返済計画を立てて借入する必要がありますよね。新生フィナンシャルのカードローンレイクALSAは選べる返済方法でしっかりと返済計画もたてやすいのが特長です。返済方式も選べるふたつのリボ払いでらくらく返済可能です。

こちらではレイクALSAの貸付条件から返済まで、わかり易くお話ししています。出来るだけ早い完済が利息を抑える為には必要になります。ぜひ最後まで読んでカードローン選びの参考にして下さい。

新生フィナンシャル「レイクALSA」の特長はここ!

レイクALSAは新生フィナンシャルのカードローンです。新生銀行カードローンのレイクが生れ変ってレイクALSAとなっただけではなく、その特長もいろいろと変っています。まずレイクALSAの特長を挙げてみましょう。

  • 初めてなら選べる無利息特典
  • ネットで24時間いつでも申込める
  • スピード審査即日融資可能
  • スマホで簡単カードレスでの借入
  • ATM使用手数料が無料

初めての利用で5万円まで180日間、または30日間無利息が選べます。もちろんインターネットなら24時間いつでも申込み可能です。平日14時までに書類確認と審査、契約完了すれば即日融資も可能ですよ。

スマホで簡単に借入返済ができる、カードレスでの利用も可能となるので便利に利用できますね。その上借入返済ともに提携ATM使用手数料が無料となっているのもうれしい特長ですよね。

申込にあたって申込み条件、貸付条件を確認しましょう。

申込条件 20歳以上70歳以下
安定収入のある人(専業主婦不可)
融資額 1万円~500万円まで
実質年率 4.5%~18%
返済方式 残高スライドリボルビング方式
元利定額リボルビング方式
返済方法 Web返済 ATM 自動引落 銀行振込
返済期間 最長8年 最大96回

貸付条件は上記表の通りです。

レイクALSAは消費者金融のカードローンとなるので、年収の3分の1以内の貸付金額と定められています。

その為本人が無収入である専業主婦(夫)は申込できません。

返済方法、月々の返済額や返済方式は選べるので、しっかりとした返済計画が立てられます。

無理な返済でなくても、月々は最低返済額で返済し、ゆとりのある月は随時返済をするというのも早めの完済を目指す結果につながります。

返済方法はいろいろ選べてお得もいっぱい!

それでは返済方法についてそれぞれどのような特長があるのかを、お話ししていきましょう。そしてそれぞれの返済方法はどういう点便利なのかを確認してみましょう。

深夜返済可 一括返済可 手数料無料で返済可
Web返済
新生銀行以外の提携ATM
Web返済
新生銀行レイクATM
銀行振込での返済
Web返済
新生銀行レイクATM
自動引落
新生銀行以外の提携ATM

それぞれの返済方法で可能な返済について表にまとめました。深夜に返済が可能で一括返済にも対応でき、手数料が無料な返済方法はWeb返済だとわかります。

一括返済が希望ならWeb返済、新生銀行レイクのATM、銀行振込での返済が可能ということですよね。自分の都合に合わせて返済方法を選ぶようにして下さいね。

例えば土曜日に借入して月曜日に手数料無料で一括返済する場合にはWeb、ATMで借入し、Web返済、新生銀行レイクATMでの返済を選べば良いということになります。

らくらくリボ返済のメリットデメリット

続いて返済方式と月々の返済額についてお話ししていきましょう。

返済方式には残高スライドリボルビング返済と元利定額リボルビング返済があります。

残高スライドリボルビング返済は借入時の利用残高に応じて返済額が変動する返済です。月々の最低返済額と最大回数を確認しましょう。

利用残高 最低返済額(回数)
1~10万円 4,000円(最大36回)
10万超20万円 8,000円(最大36回)
20万超30万円 12,000円(最大36回)
30万超40万円 12,000円(最大60回)
40万超50万円 14,000円(最大60回)

元利定額リボルビング方式は利用残高にかかわらず、元金と利息を併せた月々の返済を定額で返済していく返済方式です。最低返済額の一例を挙げてみましょう。

契約額10万円…最低返済額月々4,000円 最大36回
契約額20万円…最低返済額月々8,000円 最大36回
上記のように月々の返済金額は最低4,000円からとらくらく支払できる金額設定となっています。これなら家計に響かず無理なく返済できますよね。もちろん最低返済額以上なら自由に返済額を変更することも可能なので安心ですね。

リボルビング返済のメリットデメリット

定額の返済は毎月最低返済額が設定されていますが、もちろんゆとりある月には多めに返済することも可能です。

リボルビング返済は無理なく返済できるメリットはありますが、完済までに長い期間が必要となってしまいます。

メリットは返済計画が立てやすい、無理なく返済できる、ということですが、反面デメリットには完済まで長くかかることで、支払い利息がかかりすぎる。なかなか完済できないなどが挙げられます。

レイクALSAを上手にお得に利用しよう!

レイクALSAの主に返済についてお話ししてきましたがお分かりいただけたでしょうか。

返済方法や返済金額が自由に選べるということで無理のない返済計画が立てられるということもおわかりいただけたことと思います。

それではレイクALSAをより上手にお得に利用するにはどのように利用するのがよいのでしょうか。いくつかの利用例を挙げてみましょう。

月々のリボルビング返済に加えて、随時返済で早めの完済を目指すことが大切であることをお話ししたのですが、一括返済することで、支払い利息は随分抑えられますよね。それを利用してお得な借入を行うことができますよ。

預金を下すよりも金利の方が安い?

土日に飲み会や食事に誘われた時、たとえば土曜日の午後、銀行のATMやコンビニのATMで自分の預金を1万円下すと手数料を取られますよね。多くは108円ですね。そんな時、レイクALSAで1万円借入するとどうでしょうか。

コンビニのATMで土曜日に借入し月曜に一括返済します。実質年率18%で2日間だけ借入して一括返済する場合の利息はいくらになるでしょうか。

10,000円×18%÷365日×2日≒9円

わずか9円の利息です。一括返済の手数料のかからないWeb返済や新生銀行レイクのATMで返済すれば、9円以外の手数料はかかりません。これはお得ですよね。

欲しいものが今なら安く手に入るという時にも、まずはレイクALSAで借入して購入してしまい、お金が入ってから一括返済すればお得に買い物もできますよ。

例えば今なら10万円のバッグが3割引きで購入できるという時、お金の出来る1カ月後まで待って定価で購入するか、今借入してでも7万円で購入するかです。

70,000円×18%÷365日×30日≒1,035円

バッグが3万円も安く買えて、利息は1,035円です。これでも充分お得だと思いますが、もしも初回の利用なら30日間利息無料の特典を利用できます。30日後に7万円だけの返済でよいかもわかりません。

一括返済可能で尚且つ手数料のかからない返済方法を選べば、よりお得に利用できますよね。いかがでしょうか、利息は借りた日にちだけ、お金の入るあてがある時にはその日に一括返済すれば、お得に今を楽しむことができますよね。
閉じる
閉じる