レイクALSAの審査に通る人、落ちる人の違いとは

新生フィナンシャルカードローン「レイクALSA 」完全攻略ガイド

すでにご存じの方も多いと思いますが、新生銀行カードローン「レイク」が、2018年4月1日から、新生フィナンシャル「レイクALSA(アルサ)」として生まれ変わりました。

注目すべきポイントは、銀行カードローンから消費者金融になったこと。

レイクはもともと大手消費者金融でした。テレビCMの「ほのぼのローン、ほのぼのレイク」というフレーズを覚えている方も多いでしょう。

2011年に新生銀行カードローン「レイク」となり、消費者金融から銀行カードローンへと形を変えました。

そして今回のリニューアルで新生フィナンシャル「レイクALSA」は再び消費者金融となったのです。

ここでは「レイクALSAはこれまでのレイクとどう違うの?」「今までレイクを利用してきた人はどうなるの?」「レイクALSAのメリットやデメリットは?」など、利用者が気になる疑問を徹底解説していきます。

新生フィナンシャル「レイクALSA」と新生銀行「レイク」との違いは

まずは以前の新生銀行カードローン「レイク」と比較してみましょう。

基本的な内容は銀行カードローン「レイク」と変わりなし

両者の主な商品概要は次のとおりです。

レイクALSA レイク
融資限度額 500万円(1万円単位) 500万円(1万円単位)
貸付利率(実質年率) 4.5%~18.0% 4.5%~18.0%
返済方式 残高スライドリボルビング方式
元利定額リボルビング方式
残高スライドリボルビング方式
元利定額リボルビング方式
返済期間・回数 最長8年・最大96回 最長5年・最大60回
申込条件 ・20歳~70歳
・国内居住
・安定した収入がある
・20~70歳
・国内居住
・安定した収入がある
申込方法 ・WEB
・電話
・自動契約機
・郵送
・WEB
・電話
・自動契約機
・郵送
無利息期間 あり(初回契約時のみどちらかを利用可)
・30日間無利息
・5万円まで180日間無利息
あり(初回契約時のみどちらかを利用可)
・30日間無利息
・5万円まで180日間無利息
借入方法 ・口座振込
・ATM
・WEB
・口座振込
・ATM
・WEB
返済方法 ・口座振替
・ATM
・WEB(Pay-easy)
・指定口座に振込
・口座振替
・ATM
・WEB(Pay-easy)
・指定口座に振込

新生フィナンシャル「レイクALSA(アルサ)」の金利、借入れ条件といった基本的な内容は、今までの「レイク」とほとんど変わりません。

今までのサービスは新生フィナンシャル「レイクALSA」でもそのまま使える

旧「レイク」で利用できたサービスは新生フィナンシャル「レイクALSA(アルサ)」でもそのまま引き継がれます。

例えばレイクの最大の目玉だった30日間・180日間の無利息サービスは、レイクALSAになっても利用できます。

借り入れや返済方法も変わりませんし、レイクATMだけでなく、コンビニの提携ATMも手数料なしで利用できるというサービスもそのまま継続します。

旧「レイク」の契約者はそのまま利用できる

新生銀行カードローン「レイク」の新規受付は2018年3月31日で終了しました。

ただ、すでに契約していた利用者に関しては、今後もこれまでと変わらず新生銀行カードローン「レイク」が利用できます。

返済はもちろん、借入れや増額の申込みなども 今までと同じ条件で行えます。カードローンが急に使えなくなったり、一括返済を求められたりすることはないので、ご安心ください。

ただし、旧「レイク」から「レイクALSA」へ移行したい場合は、新規顧客として申込みをしなければなりませんが、初回契約者限定の無利息サービスを利用することができます。

その時に「レイク」に借入残高があると多重債務者とみなされたり、融資限度額が低く抑えられてしまう可能性があります。まずは「レイク」での借入れをすべて清算してから「レイクALSA」へ移行することをおすすめします。

「レイクALSA」のメリットはスピードと手軽さ

ここからはレイクALSAのメリット、デメリットについて検証していきましょう。

新生フィナンシャル「レイクALSA」になって即日融資が可能に!

レイクALSAの最大の特徴のひとつといえるのが、融資までのスピードの速さです。

銀行カードローンではできなかった即日融資が、消費者金融の「レイクALSA」となったことで可能になりました。

平日14時までに申込みと書類確認ができれば、その日のうちに指定口座への振込融資を受けられます。平日14時以降や土日・祝日でも自動契約機で手続きしてカード発行してもらえば、すぐにATMからキャッシングできます。

急いでお金が必要な人には嬉しいメリットですよね。

「レイクALSA」はスマホATMに対応!カードレスでキャッシング

レイクALSAはスマホATMを利用して、カードレスで借入れができます。

スマホATMとは、カードを使わず、スマホでキャッシングや返済ができるシステムのことです。

まずレイクALSA公式アプリ「e-アルサ」をダウンロードします。利用するときはアプリを起動し、スマホ画面に表示される情報を提携ATMに入力するだけ。

スマホATMは土日や祝日、夜間でも利用することができるので、急な出費のときにも助かりますね。

カードレスになると、うっかりカードを落としたり、家族や知人にカードを見られて借金がバレてしまうといった心配もなくなります。

また、アプリから新規申込みも可能です。スマホの写メで必要書類を提出することもできるので便利。

アプリの会員ページで返済日の確認が簡単にできるので、つい忘れて延滞利息を払うはめになってしまった…なんていう失敗も防ぎやすくなるでしょう。

「レイクALSA」が銀行カードローンではなくなったデメリット

では、レイクALSAが新生銀行カードローンではなく、再び消費者金融となったことで、どんなデメリットが発生したのでしょうか。

レイクALSAは総量規制の対象に

消費者金融が個人に融資を行う場合、年収の3分の1を超えてはならないと法律で決められています。これが「総量規制」です。

レイクALSAも消費者金融なので、総量規制の対象となります。

これにより、無収入の人や専業主婦(夫)は利用できなくなりました。

新生フィナンシャル「レイクALSA」特徴まとめ

新生フィナンシャル「レイクALSA」の特徴は、何といっても使い勝手がよいこと。即日融資ができるため、急いでお金が必要な場合には特に便利です。

他にも選べる2つの無利息期間、スマホATM、提携ATM手数料が無料で利用できたりとサービスも充実。

総量規制のため無収入では利用できないというデメリットはありますが、アルバイトやパート収入があれば借入れ可能です。

しかも申込みから借入れまで、すべてスマホひとつでできるため、若者にも比較的利用しやすくなっています。

返済方法も豊富なため、カードローンの利用を考えている人、特にカードローン初心者さんにはレイクALSAを利用するメリットは大きいと言えるでしょう。

しかし手軽だからと言って無理な借入れは禁物。無理なく賢く利用したいですね。

閉じる
閉じる